世界的柔術家から“変態”まで!桜庭和志プロデュース「QUINTET」に“U”を背負う異色のチーム参戦

桜庭和志がプロデュースするグラップリング大会「QUINTET」の2度目の大会が、6月9日にディファ有明で開催される。打撃なしのグラップリング、それも団体戦・抜き試合として話題を呼んだ「QUINTET」。今回は出場選手の合計体重を低く設定した軽量級のトーナメントだ。 6月8日の前日会見では、それぞれのチームオーダーが発表となった。

(最新の格闘イベントに“U”を背負う男たちが参戦。前列左から濱岸、井上。後列左から佐藤、中村、ヘンリー)


〈TEAM CARPE DIEM〉

先鋒:杉江“アマゾン”大輔

次峰:デヴィッド・ガルモ

中堅:松本義彦

副将:世羅智茂

大将:岩崎正寛


〈TEAM TOKORO PLUS α〉

先鋒:伊藤盛一郎

次峰:今成正和

中堅:所英男

副将:小谷直之

大将:矢野卓見


〈TEAM U-ZUKIDO〉

先鋒:佐藤光留

次峰:井上学

中堅:濱岸正幸

副将:ビクター・ヘンリー

大将:中村大介


〈TEAM HALEO〉

先鋒:徳留一樹

次峰:金原正徳

中堅:ホベルト・サトシ・ソウザ

副将:小見川道大

大将:宮田和幸

(会見には全出場選手とプロデューサーの桜庭が出席)


一回戦はCARPE DIEMvsTOKORO PLUS α、U-ZUKIDOvsHALEOの組み合わせ。5人抜きもありうる抜き試合だけに、どんなマッチアップが実現するか興味深い。足関節技の第一人者とも言える今成、世界レベルの柔術家であるホベルト・サトシといった面々の出場も、多くのファンが注目するところだろう。また前回、イマナリロールでの足関節狙いから腕十字という独創的テクニックで一本勝ちした所の試合も楽しみだ。


各チームとも強い個性を持っているが、特に異色と言えるのが中村率いるU-ZUKIDO。中村はもともとU-FILE CAMPの出身で、プロレスリング、特にUWFへのこだわりを持つ。今回のメンバーも“U”を源流に持つ選手たちばかりだ。


その一人である佐藤はパンクラスMISSION所属であり、現在の主戦場は全日本プロレス。過去にはDDTのトップ戦線で活躍したこともある。ロストポイント制の“U系”ルールを採用したプロレスイベント「ハードヒット」を主宰し、またMMAにも出場し続けている。「プロレスラーの強さ」を追求してやまない選手だ。


初参戦となる「QUINTET」に向け「出場選手の中で、プロレス、総合、MMA含め人前に出た数は自分が一番。そのタフさで勝ちます」と持論を展開した佐藤。プロレスのスケジュールも詰まっており、大会終了後にはそのまま車で名古屋に向かうという。


さらに先鋒戦で徳留と闘うことに「メチャクチャ興奮してます」と言う佐藤は、その興奮のまま「寝ないで練習して試合に臨みたい」とも。場内からは笑いも起こったが、本人はいたって真剣だ。佐藤のキャッチフレーズは“変態”。世間一般の常識は通用しない。


つまりは世界的柔術家から“変態”までもが集う舞台が「QUINTET」。勝敗はもちろん、個性のぶつかり合いも大きなポイントになる。  

続きを見る