木村“フィリップ”ミノル、更なる高みへ「ベルトよりも特別な存在に」

6月17日、スーパーアリーナ・コミュニティホールで開催される「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~第2代フェザー級王座決定トーナメント~」スーパーファイトで木村“フィリップ”ミノルが出場。


格闘界の中でどのような存在でありたいか? という質問に、「“特別な存在”ではいたい」「『ミノルだったら許される』ぐらいの存在ではいたいですね」と答えた木村。


「僕は結構、発言も行動も、そのときそのときの“芯”を持ったことをやってるつもりなので、それが周りから見て悪かろうが、自分の中で正義を持ってやってるところもある」と、自らの言動には“信念”があることを明かした。


また、「それを許されるぐらいの特別な存在になれば、生き方をブレさせなくても許されるじゃないですか?」と語る木村は、K-1チャンピオンではなく「木村“フィリップ”ミノルが、あくまでベルト獲ったぐらいのものでいたいです」と、肩書よりも大きな存在になりたいのだと抱負を語る。


そのために必要なのものを問われ、「逆にチャンピオンベルト」と答えた木村。格闘家として無冠のまま地位を築く稀有な存在でありながらも、自身はさらなる高みを目指していた。

続きを見る