芦澤竜誠、小澤海斗を煽り挑発したのは「意図はないけど、思ったことを言っただけ」

6月17日、スーパーアリーナ・コミュニティホールで開催される「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~第2代フェザー級王座決定トーナメント~」に出場する小澤海斗と芦澤竜誠は、勝ち抜けば決勝で相まみえることになる。試合の様子は<AmebaTV>で生中継される。


記者会見では小澤に対して「バカ!」を連呼するなど挑発的な発言を繰り返した芦澤だが、相手を煽る理由について聞かれると、「別に意図はないんですけど、思ったことを言うってだけで」と、ただ本心を語っているだけだと明かした。


「みんな言えないから、『よく言った』って思ってるんじゃないですか?」と周囲の反応を分析する芦澤は、「挑発してアンチが増えて、みんなマイナスだと思うじゃないですか? 俺はマイナスだと思ってないんで」と言い切る。


「俺、アンチもファンだと思ってるんで。全然楽しいですよ、楽しんでますよ」と、批判的な意見にも余裕を見せる芦澤は、「実際、今回のトーナメントだって俺がいなきゃ盛り上がってない」とキッパリ。


「みんなクールぶってるっていうか、言いたいこと言わない人間はどうかなって思いますけどね」と、記者会見などで発言しない選手に否定的な芦澤は、「なんで言いたいことぐらい言えないの? って思ってますよね」と疑問を呈していた。

続きを見る