アルコ&ピース平子×木村“フィリップ”ミノル対談「薄いファンが何万人もいるより、濃くて深いファンが1人いてくれるほうが力強い」【後編】

6月17日のK-1さいたま大会に向け、出場する木村“フィリップ”ミノルとお笑い芸人、アルコ&ピースの平子祐希に対談してもらった。K-1ファンの平子から見た木村の魅力とは。そして2人の共通点も……。

(構成・橋本宗洋)


■芸人はキャリアを積むと誤魔化せるようにもなる。だから余計に白黒はっきりつく格闘技に惹かれる(平子)


――芸人さんもプロレス・格闘技好きは多いですよね。


平子 やっぱりどっか共通する部分を感じてるんでしょうね。地味に積み上げてきたものをスポットライトの下で披露して、でもその結果がどう転ぶか分からないっていう。

まあ芸人はキャリアを積むと結果をうまくごまかせるようにもなってくるんですけどね、白黒つけずにグレーな部分で。だから余計に格闘技に惹かれるのかもしれない。白黒はっきりつけてやるっていう姿勢が。


――木村選手は、その結果がどっちに転ぶか分からないスリルもあったと思うんですが、このところまた変わってきた感じがあります。


平子 3月のK-1、その前の城戸(康裕)戦もそうでしたよね。アグレッシブっていうだけじゃなくて軸がしっかりしたっていうのか。木村選手が好きだって言ってたジョシュ・ケリーっていうボクサーの映像を見たら、似てる部分がありましたね。


木村 おぉ~。


平子 倒してやるっていう気概に体がついてきてる感じで。


木村 そこが城戸戦から大きく変わったところなんですよ。気持ちと体のバランスができてきた。


平子 そうなると、やっててメチャクチャ気持ちいいんじゃないかなって。


木村 城戸戦からゾーンに入ったというか、思い描いたことがリングでできるようになって。ファンの人にも「もう負けないでしょ」って言われるんですけど。メンタルも大きいです。久保(優太)戦から変わり始めて。だから本当の僕のストーリーはそこから始まったんだと思ってます。


■薄いファンが何万人もいるより、濃くて深いファンが1人いてくれるほうが力強い(木村)


平子 ストーリーとかドラマがあるんですよね、木村選手。負けた試合の話になっちゃいますけどRIZINでの(クレイジーホース)ベネット戦。「あそこで飛ぶか!?」っていう。


木村 あれは総合(格闘技)の試合なんで距離感が違うから一瞬、躊躇しちゃったんですよね。それでカウンターもらって。あの試合は緊張が自分の限界を超えましたね。で、限界を超えて緊張した時に固まるヤツといっちゃうヤツがいて、僕はイッちゃうヤツなんです(笑)。あそこで固まってたら、あの負けはなかったかもしれないんですけど。


平子 いいなぁ・・・その話を聞けてよかった。


木村 青木真也さんってああいうのが嫌いなのかなと思ってたら「あの大会は木村だけがプロだった」って言ってくれて。それは救われましたね。青木さんとか北岡悟さんとか、一匹狼系の人がほめてくれるんですよね。


平子 目がブッ飛んでる系に(笑)。


木村 薄いファンが何万人もいるより、濃くて深いファンが1人いてくれるほうが力強いって思うんですよね。


平子 木村選手は「食いたかった味噌ラーメン」を出してくれる味噌ラーメン屋なんですよ。だからファンも濃くなる。ここにしかない味だから全国どこからでもお客さんが来ますよ。


木村 今のK-1の人気選手はファミレスなんですよね。でも木村ミノルの味はKOだけ、一つしかない。


――専門店ですよね。


木村 世界って専門店のぶつかり合いだと思うんですよ。だから沸くし、ファン同士もぶつかるし。それが好きなんですよ。それぞれに独自のファンがついて。


平子 僕らのファンは基本ラジオのリスナーなんで、いつも下向いて歩いてるような暗い人間ばっかりなんだけど(笑)。


木村 でもラジオのファンって本物ですよね。


平子 まあまあ・・・そうなんだけど、どっかでキャピキャピした女の子のファンも欲しいなっていうね(笑)。


木村 そう、欲しいは欲しいんですよ(笑)。


平子 「俺は専門店だから」と胸を張ってはみたもののっていう。


木村 (女性ファンが多い選手と)変われるもんなら変わりたいですもん(笑)。そうなれない自分にも、自分の道があるっていうことですね、でも。


――木村選手もぜひ、アルコ&ピースさんのラジオを聞いてみてください。


平子 いや聞かなくていいです。そんな、格闘家が深夜ラジオなんか聞くもんじゃないですよ(笑)。

続きを見る