アルコ&ピース平子×上原誠対談「新生K-1でヘビー級トーナメントができたのは、上原選手が支えてきたから」【後編】

6.17K-1に向けた上原誠とアルコ&ピース平子祐希の対談、ここでは上原が育った士魂村上塾について、ヘビー級ならではの闘いについて、そして今回の加藤久希戦に向けて、語り合ってもらった。

(構成・橋本宗洋)


■外国人のヘビー級の攻撃は「当たったら終わるな」って感じ(上原)


――上原選手の試合は勝ち負けだけではなく、独特の明るさも印象的です。


上原 試合を楽しいものにしたいとは思ってますね。じゃあ試合ってどこからだっていったら入場から、もっと言えば記者会見からなんですよ。


――AbemaTVのK-1中継でKOボーナスが出るのも、上原選手の記者会見のコメントがきっかけですから。


平子 あぁ~、そうなんだ。あれは良い制度ですよね。

上原選手は会見の時のスーツ姿もカッコいい。ベストが似合うんですよ。そういう部分でも華があるなって思います。大きい選手って野暮ったくなる場合もあるんですけど。


上原 ありがとうございます。そういうところでも見せていきたいんですよ。


――そういうスタイリッシュさもありつつ、所属している士魂村上塾は古風な道場ですよね。


上原 時代に逆行してますから(笑)。そもそも冷暖房がないですし。


平子 あんまりダイエット目的の女性会員は行かないタイプの(笑)。我々は憧れますけどね。


――師匠の村上竜司塾長は現役時代から「ザ・昭和」なイメージの方ですから。でも上原選手を見ると、自主性を重んじるタイプなんですね。


上原 そうなんですよ。出稽古禁止のジムもありますけど、ウチはどこでもOKで。自分で考えてやれよっていうスタンスなんで、辞めていく人間も多いんですけど(笑)。最初の段階からそうなんですよ。練習休んで、道場から足が遠のいてもだれも止めないですし。


平子 自由だけど、その分厳しい。マニュアルがあったほうが安心ですもんね。バイト初日にマニュアルもらえないと不安ですよ(笑)。


上原 ウチはスターバックスと一緒ですから。マニュアルなしで(笑)。


――マグナム酒井選手もそうですしモハン・ドラゴン選手もですけど、個性を思いっきり伸ばして強くなったタイプですよね。


上原 個性が強すぎて弱点になっちゃう場合もあるんですけど(笑)。


平子 ロマンだらけですね(笑)。


上原 僕は自分で考えるようになったのでよかったですね。メンタルが強くなった。心技体の心の部分が鍛えられました。今まで、他のジムでも才能あるって言われてたのにやめちゃう人間をたくさん見てきたんですよ。それって何が原因かって言ったら、やっぱり心なんですよね。


平子 特にヘビー級って、それぞれ地元で一番体が大きくて腕っぷしも強いっていう人間が集まってくるわけじゃないですか。でも試合してみたら自分より強いヤツがいくらでもいるし、外国人なんて自分よりデカいしっていう。それで心が折れちゃうこともあるでしょ?


上原 ありますね。それまで自信がある分、心が折れるときついんですよ。


平子 僕らは受けたことない攻撃ですもんね、外国人のヘビー級の技なんて。変な話ですけど、あれどんな感じなんですか?


上原 攻撃全部が「当たったら終わるな」って感じですね。


平子 当たった瞬間はどんな感じなんですか。単純に痛みなのか。


上原 痛みじゃないんですよね。本当にピヨピヨピヨって目の前に光が飛ぶ感じです(笑)。

僕はないんですけど、記憶が飛ぶ時もありますし。KOされて、控室に戻ってから「よし、いくぞ」って言い出したり。「いや、もう終わりました」って言っても「何言ってんだよ上原、これからだろ」って。


平子 試合した記憶が抜けちゃってるんだ。


――じゃあ痛いのはむしろ蹴りですか。


上原 蹴りはもらうよりも蹴ってるほうが痛いですよ(笑)。蹴られた痛みは一週間くらいで消えるんですけど、蹴ったダメージは半年くらい残ることがあるんで。


平子 それだけ相手が屈強なんですね。


上原 ヘビー級は減量がないから、何も落としてないパンパンの筋肉を蹴らなきゃいけないんですよね。


■K-1でヘビー級のトーナメントがあったのも、上原選手が階級を支えてきたから(平子)


――昨年はK-1の王座決定トーナメントもありましたが、上原選手はここからまた対世界に向けて再出発というか。今回はMMAでも活躍してきた加藤久輝選手との対戦です。


平子 ジャンルが違うフィジカルエリートのぶつかり合いですよ。


上原 ジャンルが違うからやりにくいっていうのは、今はなくなりましたね。間合いが分かるんで。昔は「総合の選手が相手だとグチャグチャな展開になる。クリンチになるとフィジカルの差で押されてしまう」みたいなのがあったんですけど。そういう選手とも練習してきて、だいぶ慣れました。

加藤選手はサウスポーですけど、それも問題ないですね。僕、ずーっとサウスポーの選手と練習してたんで。オーソドックスの選手と試合する時でもスパーリングでサウスポーとやってましたから。


――ヘビー級は人数が少ないからスパーも相手が偏る場合があると。


上原 そうなんですよ。でも最近はサウスポーのほうがやりやすいですね。


平子 じゃあ、あと未知なのはハンドボール出身っていうところですか(笑)。真面目な話、フィジカル凄そうですよね。


上原 だから向こうは向こうでメンタルもしっかり練って、K-1ルールでも自信をもって来ると思うんですよね。僕としてはもう、いかに自分の最大のパフォーマンスを出すか。それだけですね。


――世界と闘う日本人としての強さが試される試合ですよね。


平子 そうだ、これは言っておかなきゃと思ってたんですけど、去年K-1でヘビー級のトーナメントがあったのも、上原選手が階級を支えてきたからだと思うんですよ。結果として優勝はできなかったんですけど、その功績は絶対にあるなって。


上原 ありがとうございます! やっぱり新生K-1は軽量級が盛り上がってるので、そこで頑張らないといけないっていうのはありますね。


平子 重量級が脇に追いやられるかもしれないっていう中で盛り上げてきた人ですから。栄光を掴んでほしいんですよ。

続きを見る