木村“フィリップ”ミノル、KOイメージは「悶絶かギブアップ」 “ロマチェンコ勝ち”宣言

6月17日、スーパーアリーナ・コミュニティホールで開催される「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~第2代フェザー級王座決定トーナメント~」。スーパーファイトで木村“フィリップ”ミノルが出場する。


「KOへの道筋はできあがっているか?」という質問に、木村は「できてます」と即答し「悶絶してる感じが見れますね」と“未来予知”する。


「失神というよりは悶絶KO」と予告する木村。インタビュー前のミット打ちでは終盤に怒涛のボディ連打を繰り出していたが、「あんな感じで」と徹底したボディ攻撃による勝ちを狙っているようだ。


「時間差で倒れるシーンが見たいすね」と笑顔の木村は、「意識を飛ばすよりも『降参させた』みたいな感じなんですか?」と問われると、「ロマチェンコ勝ち(笑)。ギブアップが1番いいですね」と、ボクシングのワシル・ロマチェンコのように、相手陣営の心さえも折るような試合展開を予告した。


「どっちかですね、悶絶かギブアップ」とKOイメージを語る木村は、「100パーセント向こうが降参する試合になると、文句つけられないですよね」と、“完全勝利”へ自信を見せた。

続きを見る