木村“フィリップ”ミノル、「他の試合は前座。僕だけ見てくれればいい」

6月17日、スーパーアリーナ・コミュニティホールで開催される「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~第2代フェザー級王座決定トーナメント~」。スーパーファイトで木村“フィリップ”ミノルが出場する。


現在の調子を聞かれると「才能が開花し始めたじゃないですけど、解放された感じ」と自らを表現する木村。「この3年で“化ける”っていうか、とんでもないところに行く気がします。それは僕の中で明確なビジョンができてるんで」と、今後のさらなる進化を予告し「現実になるのが楽しみなだけですね」と自信をみなぎらせた。


どのような活躍をするのか?と聞かれた木村は「『僕の試合だけ』ってイメージで(会場に)来てくれていいと思います」「僕のあと、2試合とかあると思うんですけど、メインのあとの前座です。クールダウンって考えてもらえれば」とキッパリ。


今回の大会について「ワンマッチ興行です。一本勝負」と、自分が大会の“中心”だと言い切った。


また、最近の試合での豪快な勝ち方も含め、今回の試合に期待を寄せるファンも多いことに「僕は自分のファンに対する気持ちは多分、他の選手より人一倍強い」「ダメなところも、逃げるところも、急に意志を曲げて違うことを始めるところも、全部僕のファンはついてきてくれたっていうか、それを何年間も見てくれて、一切離れずでいてくれた」と、ファンには特別な思いがあると告白。


「今、(才能が)開花してスランプも抜けたので楽しんで欲しいです、純粋に。2~3年分を楽しんでもらえたら嬉しいです」と、辛酸をなめた時期も変わらず付いてきてくれたファンたちへの“恩返し”を誓った。

続きを見る