東京女子プロレスメンバー、怪しすぎる占い師をフルボッコ

15日『DDTの木曜The NIGHT』(AbemaTV)が放送された。男色ディーノらDDTのプロレスラーたちが、奇想天外な企画に挑む生放送番組だ。


今回は、東京女子プロレスの選手たちによる企画「ドキ! 東京女子だらけの対決スペシャル」を実施。「東京女子的 2018年占いバトル!」では運気の強さを競うことになり、占い好きな女子レスラーたちはテンションアゲアゲ状態に。


しかし、芸人で占い師の肩書を持つ“キック”が登場すると、長髪に紫の衣装という胡散臭いいで立ちにスタジオは一気に不穏な空気に包まれる。見た目とは裏腹に7種類の占いを駆使するというキックは、金運を占うべく「人間磁石占い」を行った。


これは、上半身裸になってフォークなどの金属を体に貼り付け、高い場所からジャンプしてどれだけ残るかで占うというもの。しかし、すべて残った坂崎ユカに対し、瑞希は“全落ち”してしまい「ちゃんとやれよ!」とキックに殴る蹴るの暴行を加えていた。


その後、東京女子プロレスの団体の未来を知るために“グルグルバット”で目を回したキックが踏んだ紙に、占い結果が書かれているという「人間グルグルバット占い」をすることに。


しかし、バットで回っているうちにキックが被っていた長髪のカツラが落ち、キックがただの“上半身裸で坊主のおじさん”になってしまったため、気持ち悪がった女子プロレスラーたちが逃げ惑う事態に。


結果は「集中せよ!」というものだったが、グダグダの展開に業を煮やしたディーノが「やっちまえ!」と指示を出すと、キックは女子レスラーに囲まれフルボッコにされていた。

続きを見る