竹田誠志、デスマッチ2冠!サイプレス上野、「歴史的な記念日だったんで、これは記録に残したい」

(竹田の2冠達成に感激した上野。試合後の記念すべき2ショットがこちら)


芸能界屈指のプロレスファンであるラッパー、サイプレス上野(サイプレス上野とロベルト吉野)がとりわけ思い入れを持って見てきたのがデスマッチだ。5月2日、FREEDOMSの後楽園大会で、上野も長年、追い続けてきた竹田誠志がビオレントジャックを下し、大日本プロレスとFREEDOMSのデスマッチ2冠を達成した。このデスマッチに残る快挙を上野はどう見たのか!?

(聞き手・橋本宗洋)


――上野さんも長く見られている竹田選手が、大日本プロレスとFREEDOMSの“デスマッチ2冠”を達成しました。まさに快挙ですね。

上野 去年、大日本のデスマッチヘビー級を獲って、5月2日のFREEDOMS後楽園でKING of FREEDOM WORLDのベルトも巻いて。ホント凄いし、FREEDOMSのタイトルマッチは雰囲気からしてでしたね。期待感がヤバかった。


――「デスマッチ2冠王誕生の瞬間が見られるかも」という。

上野 どっちが勝っても文句なしっていう顔合わせなんですけど、やっぱり「今まで見たことがないものを見たい」っていう感じはありますよね。ジャックも外国人ながらピープルズ・チャンプ感があるんですけど、竹田選手がここで積み上げてきたものが爆発するんじゃないかっていうのもあったし。


――まして日本の2大デスマッチ王座ですからね。

上野 大日本とFREEDOMSって、多少の行き来はありますけどライバル団体というか競合団体というか。その両方のトップのベルトですからね。そういう事実の重みもありますけど、それに負けないくらい試合内容がよかったですよ。


――「マジか!」っていう場面がけっこうありましたよね。

上野 特に、場外のガラスボードの上にコーナー最上段からフロントスープレックスで投げるっていう。思わず駈け寄っちゃいましたね(笑)。


――前のほうに。

上野 最近はありがたいことに会場で声かけられたりも多いんで、あんまり昔みたいにガツガツ見るのもよくないかなって思ってたんですけどね。ちょっと今回は(笑)。


――選手もファンも、デスマッチならではの一体感というかグルーヴ感みたいなのがありましたね。

上野 だから「どっちも負けないでくれ」、「決着つかなくてもいいよ」くらいの気持ちになりましたよね。僕は竹田選手もジャックも両方見てきてるんで、余計に。


――選手のキャリアを踏まえると、余計に感慨深い2冠でもあるのかなと。

上野 そうなんですよ。竹田選手って長いこと葛西(純)選手たちの世代の陰に隠れてたってわけじゃないけど……。


――「追いかける世代」みたいな。

上野 そういうところがあったんですけど、お客さんの反応からすると竹田選手のブレイクって待たれてたんだなって思いましたね。それで泣きそうになりましたよ(笑)。


――「ここまで思い入れされる選手になったのか」と。

上野 今のデスマッチの象徴って、やっぱり葛西選手だと思うんですよ。でも竹田選手がここで「両巨頭」になったのかなって。試合後の物販も凄かったですねぇ。今まではそこでも葛西さんが一番人気だったんですけど。


――帰りがけに軽く挨拶していくっていうのもなかなかできない状況が発生してたわけですね。

上野 で、普通ならそこで「じゃあ仕方ない」って帰るんですよ。いつもチケットも本人に言わずに買ってるし。竹田選手は知り合いだけど、関係者じゃないっていうか一ファンとして見たいんで。


――それが上野さんのスタンスなんですよね。

上野 なんですけど、今回は物販の後で声かけて、個人的に写真撮らせてもらいましたね(笑)。


――特例で(笑)。

上野 歴史的な記念日だったんで、これは記録に残したいと(笑)。「しんどかったっすねぇ!」って言ってて、その一言がやっぱり重いなって。こういうのを自慢するのも嫌なんですけど、写真をSNSにも上げちゃいましたね。この快挙は世界に広めたいと思って。

続きを見る