「日本人を勝たせてくれるマッチメイクはない」 「ONE」強豪日本人ファイター・安藤晃司、海外で戦う厳しさ

6月23日、マカオで開催されるONE Championship「PINNACLE OF POWER」に出場する“知られざる”ONEの強豪ファイター安藤晃司。


安藤は2010年に日本での最後の試合をして以来、ROAD FC、Legend FC、PXC、ONEと、海外で活躍の場を広げている。Legend FCでは第3代Legend FCライト級チャンピオンの座も獲得した。


海外でキャリアを築く難しさについて安藤は「いい試合間隔で組まれなかったり」と、異国のマーケットに合わせて活動することの不利について解説。「日本人をあえて勝たせてくれるマッチメイクはないし、厳しい相手に勝っていかなきゃいけない」と、アウェーの実情を明かした。


「そういう意味では、実力もないのに出てしまうと成長はさせてもらえない」と言い切る安藤。「途中段階の選手は、ちゃんと実力をつけてから行った方がいいと思いますね」と、安易な海外進出に釘を差した。


ONEで自分が戦うことについては「ONEが日本で広まるのはすごくいいことだと思いますし、格闘技好きの人たちにまず知ってもらえるようになれば」と意義を語る安藤。


「良い条件で日本人選手が戦えて、フルタイムファイターというか、格闘技で生活ができる選手が増えるというのは、とてもいいことだと思いますね」と、自身の活躍を日本格闘技界の未来につなげていた。

続きを見る