武尊、再びアメリカへ!3階級制覇しての凱旋にディラショーも大歓喜

3月21日、さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナにて開催された『K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K’FESTA.1~』で武尊は、第4代スーパー・フェザー級王座決定トーナメントを勝ち抜きK-1史上初の三階級制覇という快挙を成し遂げた。


昨年12月には単身アメリカに渡り、<ラドウィック・マーシャル・アーツ>で、現UFCバンダム級王者のT.J.ディラショーとスパーするなど“武者修行”を敢行したが、今回は3階級制覇のベルトを引っ提げてディラショーの元へ凱旋することに。


「前回のアメリカ修業でいろんなものを吸収できて」と成果を振り返る武尊は、「試合が終わったらまた行きたいと思っていた」と、もともと2度目のアメリカでのトレーニングに意欲があったことを明かす。また「あとは3階級制覇することができたので、(前回の武者修業で)教えてくれたラドウィックさんとか、一緒に練習してくれたT.J.ディラショーに報告もできたらなと思います」と、語る。


合宿所の前でディラショーとラドウィックコーチを待つ武尊。ディラショーは車を降りるなり「また会えてうれしいよ!」と武尊と熱いハグを交わした。


ラドウィックも「3階級制覇したんだって? おめでとう!」と言葉を掛け、武尊の“手土産”を見ると「オー! ベルトを持ってきたのか!」と大興奮。


「ぜひ見せたくて」と武尊が取り出したチャンピオンベルトを一目見て、ラドウィックは「いいね、クールだ!」と大喜びで、武尊は「あなたのコーチングのおかげです」と感謝の言葉を送る。


ディラショーも「こりゃ素晴らしい」と笑顔で、ラドウィックが「タケルー! よくやったよ本当に!」と抱き着くと、ディラショーも「ああ、本当にそうだな」と自分のことのように喜んでいた。

続きを見る