ディラショー、武尊を絶賛「いつも正面から向かう、止まらないファイティングスタイルのファン」

3月21日、さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナにて開催された『K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K’FESTA.1~』で武尊は、第4代スーパー・フェザー級王座決定トーナメントを勝ち抜きK-1史上初の三階級制覇という快挙を成し遂げた。


昨年12月には単身アメリカに渡り、<ラドウィック・マーシャル・アーツ>で、現UFCバンダム級王者のT.J.ディラショーとスパーするなど“武者修行”を敢行したが、今回は3階級制覇のベルトを引っ提げてディラショーの元へ凱旋することに。


「武尊と再会してどうですか?」と、同行した『ONE DAY』<AbemaTV>のスタッフに聞かれたディラショーは「そりゃ最高だよ!」と当前のように答える。


さらにディラショーは「練習に向かう気迫っていうのかな? それと普通に彼のファンとして、いつも正面から向かっていって、止まらないファイティングスタイルのファンとしても最高の気分だ」と、武尊のファンだと公言しつつアグレッシブな戦い方を褒めちぎった。


「カルフォルニアで会えるなんて嬉しいよ、見ての通りだ」と、武尊からもらったTシャツを見せびらかすディラショー。「俺はまるで街に繰り出している武尊ファンの男の子みたいだろ?」とおどける彼に、武尊も思わず照れ笑いしていた。

続きを見る