青木真也、柔術家・湯浅麗歌子のMMA参戦を期待「僕だったらやれって言っちゃう」

6月29日に総合格闘技界の異端児・青木真也の冠番組『AOKI AWARD』(AbemaTV)が放送される。


青木が直近1ヶ月間で行われた格闘技の試合から、 独自の目線で最も興味深かった試合を選び、選手に賞を贈るという同アワード。格闘技シーンを盛り上げるために企画・創設したもので、第5回は修斗・MMAファイターの岡田遼が選ばれた。


「青木真也あ~だこ~だ」のコーナーでは、柔術家・湯浅麗歌子が柔術世界選手権ムンジアルで4連覇したことについて、「彼女が4連覇して、教えながらやってるのは限界」とコメントした青木。偉業を成し遂げながらも、インストラクターとしての仕事を両立させなければならない柔術業界の実情を憂いた。


さらに「毎年この時期に湯浅が勝って『頑張ったね』と思うとともに、『これが成り立ってない柔術業界ってどうなの?』って毎年思ってて」と疑問を投げかける。


「周りが冷たいんだよ」と憤る青木は「中井先生だって『やりました』『僕が育てた』と言うけど、面倒見てあげられないのは無責任」と一刀両断し、「問題提起、毎年されてる気がしますよね」と語る。


ここでスタッフが「(湯浅が)MMAをやって価値を広げるのは?」と質問すると、青木は「MMAやることで価値は上がると思うし、僕だったらやれって言っちゃうけどな」と、湯浅のMMA参戦に期待を寄せた。

続きを見る