青木真也、「桜井マッハは、僕がイジって育ててる」 ガッツ石松、輪島的な芸人化を提案

6月29日に総合格闘技界の異端児・青木真也の冠番組『AOKI AWARD』(AbemaTV)が放送される。


青木が直近1ヶ月間で行われた格闘技の試合から、 独自の目線で最も興味深かった試合を選び、選手に賞を贈るという同アワード。格闘技シーンを盛り上げるために企画・創設したもので、第5回は修斗・MMAファイターの岡田遼が選ばれた。


「青木真也あ~だこ~だ」のコーナーで、自らのYouTubeチャンネルを開設するなど、動きが活発化してきた桜井“マッハ”速人についてどう思うかと聞かれた青木は、「やっぱりマッハで言うと、僕が今育ててるというか、イジることで育ててる要素ってスゴイ大きいと思うんですよ」と、自らの功績を主張する。


「ガッツ石松とか、輪島的な芸人で地上波いけると思うんですよ。絶対面白いじゃないですか」と、青木は目を輝かせながらマッハの“芸人化”を提案した。


また「(マッハは自身を)言論人とか知識人の枠だと思っているので、『グローブ問題を問う、韓国は怪しい』みたいなこと(YouTubeで)してるじゃないですか」と、マッハのユーチューバーとしての活動について言及。


「時事問題に突っ込んで、所々問題があって消されるみたいな案件があって、いいですよね。すごい伸びてると思う」と嫌味たっぷりに語り、「脇が甘くて良いですよね」と終始笑顔だった。

続きを見る