「しっかり“MMA”やる戦い方もすげーカッコイイ」若松佑弥、新境地で勝利を狙う

7月1日に開催される『skyticket presents PANCRASE297 7.01スタジオコースト』で、マモルとの対戦が決定している若松佑弥。この試合の模様は<AbemaTV>で生中継される。


次戦について聞かれた若松は「僕の歳と同じくらいのキャリアがあるので、自分の想像を絶するようなこともあっただろうし、その辺に関してはすごくリスペクトしてますね」と、マモルに尊敬の念を送る。


「でも、試合なんで何が起こるか分からないので」と語る若松は「もしかしたら、僕がすぐ倒しちゃうかもしれない」と勝機を伺いながらも「最悪の場面も考えてますし、大丈夫です、多分」と、自分に言い聞かせるように答えた。


また、2月の仙三戦のように激闘を望む声があることについては「自分は“激闘”を制したヤツがカッコイイと思ってたんですけど」と、かつての自身の考え方を振り返る。しかし「別になんかもう、しっかり“MMA”やる戦い方もすげーカッコイイなと思うようになったので、それはもう自分の思ったようにやります」とも明かす。


「プレッシャーはもちろんありますよ。(激しい闘いを)やらないといけないとも思うけど、そこ(誘惑)に負けちゃったらマモルさんは察知してくると思うので、気を付けながらやります。楽しみにしててください」とコメントした若松。


最後に「7月1日は全てで圧倒して倒せたら倒します。KO宣言は今回しないっす、1本獲りにいきます」と力強く語った。

続きを見る