“格闘王”前田日明、激怒してインタビュー強制終了!暴言も連発

格闘界のレジェンドファイターたちが次世代を担う選手を発掘する格闘リアリティ『格闘代理戦争2ndシーズン』(AbemaTV)。14日にはトーナメント決勝戦が行われ、山本“KID”徳郁推薦の辻本拳也、秋山成勲推薦のユン・チャンミンが激突する。


決勝戦ではスペシャルマッチも組まれることになり、1回戦で敗戦した青木真也推薦の椿飛鳥に対して総合格闘技大会『THE OUTSIDER』のプロデューサー、“格闘王”前田日明が緊急参戦を表明し選手を送り込むことになった。


スタッフが前田のもとを訪れ、相手の推薦人が青木であることを告げると「あの弱いものイジメの青木ね」「勝ってる試合で必要ないのに相手の腕折ったり」と、さっそく青木を辛らつに斬り捨てる。


そして推薦選手については「宗形建也っていう奴」と明かす前田。『THE OUTSIDER』では4~5勝の戦績があるそうで「アマチュアの中では『THE OUTSIDER』上位ってレベルが高い」と太鼓判を押した。


さらに「日本の総合格闘技ってどうなの?」と疑問を投げかける前田は「組んず解れつしてどうしていいかわからない」と試合内容を批判し「(『THE OUTSIDER』)はそういうのはない、スカっとイクときはイク」と、自身の団体の方が上だと主張。


しかしスタッフが、アマチュア修斗全日本大会で優勝の椿の方が、経歴的には上だとして「宗形選手が勝ってるポイントは?」と聞くと,前田は突如激高。「何しにここ来たんだよお前!?」「何か問題あんの?」と詰めより、インタビューは強制終了となった。

続きを見る