山本“KID”陣営、秋山成勲陣営を挑発「敵じゃねえ」「倒れるストレートじゃない」

格闘界のレジェンドファイターたちが次世代を担う選手を発掘する格闘リアリティ番組『格闘代理戦争2ndシーズン』、今回は“MMA”ジャンルでしのぎを削り合う。


14日にはいよいよトーナメント決勝戦が実施され、山本“KID”徳郁推薦の辻本拳也と、秋山成勲が推薦するユン・チャンミンが対戦することに。


KID陣営は映像を見てユンの戦力を分析。朴光哲は「すべての局面で右を合わせてくる」とチャンミンの右ストレートに着目する。


また「お前はテイクダウン取られて終わるけど、チャンミンは立つから」と、前田浩平のタックルを防ぎきったユンの実力を評価すると、辻本は「僕も立ちます。頑張って練習して」と対抗心を燃やしたが、朴は「構造を理解しないとダメだよ」と、根性論の辻本を一喝した。


朴は「決められないチャンミンも決定力がない」と、判定勝ちとなったチャンミンについて分析すると、辻本も「倒れる(右)ストレートじゃない」と対戦相手の打撃の“質”を見抜く。


「敵じゃねえよ」と言い切る朴に、辻本は右ストレートに警戒しながらも「勝てる自信はあります」と打撃戦での活路を見出していた。

続きを見る