“殺戮ピラニア”遂に参戦!ケンカ上等な元ヤンファイターを戦争に送り込む

格闘界のレジェンドファイターたちが次世代を担う選手を発掘する格闘リアリティ番組『格闘代理戦争2ndシーズン』、今回は“MMA”ジャンルでしのぎを削り合う。


14日にはいよいよトーナメント決勝戦が実施され、山本“KID”徳郁推薦の辻本拳也と、秋山成勲が推薦するユン・チャンミンが対戦することに。


また同日には2試合のスペシャルマッチも実施され、KIDが率いる<KRAZY BEE>からは『格闘代理戦争』の第一章で激闘を繰り広げたスソンが参戦。


対戦相手の推薦には“殺戮ピラニア”こと長南亮が手を挙げる。元DEEPミドル級・ウェルター級王者が自らのネットワークを駆使して探し出したのは、<スタンドアウト>所属の関原翔だ。


スソンとの対戦について「打撃も自分の方が強いと思いますし、ケンカでもMMAでも俺の方が強いと思います」と、埼玉出身の元ヤンキーはビッグマウス全開。「根性で勝ちたい」と意気込む関川に、長南は「間違いないでしょう。勝ってくれると思います」と太鼓判を押した。

続きを見る