“格闘王”前田日明、“殺戮ピラニア”長南亮の刺客が殴り込み!「空気読む気は全然ない」「バチバチの試合をする」

7月14日、格闘リアリティショー「格闘代理戦争 2nd SEASON」MMA編がクライマックスを迎える。

(スペシャルマッチで対戦する関原(左)とスソン)


この日は辻本拳也vsユン・チャンミンのトーナメント決勝戦を生中継。優勝者には賞金300万円とアジア最大規模の格闘技イベント「ONE Championship」との契約が贈られる。新人選手の人生を左右するトーナメントと言っていいだろう。


さらにこの中継では、スペシャルマッチも行なわれることに。その一つは、スソンvs関原翔。スソンは番組のファンならおなじみだろう。「格闘代理戦争」第1シーズンに山本“KID”徳郁推薦選手として参加した新鋭だ。

(前田日明からの刺客を迎え撃つ椿)


MMA志向のスソンだが、K-1ルールで行なわれた第1回トーナメントでもインパクトを残している。 今回はMMAルールとあって本領発揮に期待したいところ。試合前日、計量を終えたスソン自身も「MMAが一番やりたかったことなんで楽しみ。楽しんで闘うんで、それを見て一緒に楽しんでもらえれば。たぶん俺がボコボコにするんで」


自信たっぷりのスソンに対するは、“殺戮ピラニア”こと長南亮が推薦する関原。現役時代はアグレッシブなファイトスタイルで知られ、指導者としての手腕も高く評価されている長南の“格闘代理戦争」参入は期待が大きい。


「練習で自分に打ち勝ってきたんで、自分を裏切らない試合をします。相手はどうでもいいですね、それより自分を追い込みまくって、弱い自分を消してきた。そこは誰よりも自信持ってます」 計量後にそう語った関原。


「会場が爆発するようなバチバチの試合を」というコメントも残しており、両者とも打ち合い上等の構えだ。


もう1試合では、青木真也推薦の椿飛鳥が、前田日明が送り込んでくる宗形建也と激突。椿はこのトーナメントを前に「ヒットマンシステム」で脱落しており、名誉挽回の機会を与えられたことになる。


「負けておきながらもう一回試合をさせてもらえるのは普通ないことですから。いい試合をして今後の自分の格闘技人生につなげたい」と椿。前回の敗因を「自分のプランで試合ができなかったこと」とし、今回は「日本代表の“自分たちのサッカー”じゃないけど、椿飛鳥っぽい試合を貫きます」と語った。

(宗形はここで一気に出世を狙いたい)


そんな椿の“対戦相手”として出場する宗形だが「空気読む気は全然ないんで」。視聴者の予想をぶち壊して勝利すれば、逆に自分が成り上がるチャンスだ。


捲土重来を期してケージに入るスソン、椿に、新たに殴り込んできた関原、宗形がどんな闘いを見せるか。こちらもドラマチックな闘いに期待したい。

続きを見る