「全員が一本勝ち、最後まで“極め”を狙う」 桜庭和志が手がける「QUINTET」に“寝技の革命家軍団”が襲来

7月16日、大田区総合体育館にて「QUINTET.2」が開催される。格闘技界のレジェンド・桜庭和志が運営会社の代表と選手を兼任する、グラップリングの大会だ。

(旗揚げ大会以来の参戦となる石井慧など、今回も強豪が集結)


5vs5の団体戦であり、勝てば次の相手と連続して闘う抜き試合形式で行われるのが「QUINTET」の特色。4月の「QUINTET.1」、6月の「QUINTETファイトナイト」軽量級トーナメントともに、他の大会にはない盛り上がりを見せた。


今回も4チームによるトーナメントを実施。1回戦では桜庭率いるTEAM Reebokとタイのメガジムに所属するグラップラー集団TEAM Tiger Muay Thaiが激突。もう一つの1回戦はアメリカのTEAM 10th Planetと石井慧のTEAM VAGABONDの闘いとなる。大会前日の会見では、1回戦のチームオーダー(出場順)も発表された。


〈TEAM Tiger Muay Thai〉

先鋒 クリストフ・ヴァンダイク

次鋒 タレック・スレイマン

中堅 バイキング・ウォン

副将 アレックス・シルド

大将 スチュアート・クーパー


〈TEAM Reebok〉

先鋒 ユン・ドンシク

次鋒 所英男

中堅 ハイサム・リダ

副将 桜庭和志

大将 中村大介


〈TEAM 10th Planet〉

先鋒 PJバーチ

次鋒 リッチー・マルティネス

中堅 ジオ・マルティネス

副将 アミール・アラム

大将 アダム・サックノフ


〈TEAM VAGABOND〉

先鋒 クシシェック・スチョラスキー

次鋒 ジョアオ・アシス

中堅 石井慧

副将 アンドレイ・カズショナク

大将 ミカエル・ドピッツ

(桜庭チームの“打順理論”は功を奏するか)


桜庭チームは桜庭を副将に配置。これは桜庭によると「野球の打順」をイメージしたものたという。つまり桜庭は4番ということで「満塁ホームランを狙います」とコメント。いわば予告ホームランだ。


所英男は2番となるため「ランナーがいても送りバントはせずにヒッティングで」。常に一本勝ちを狙う所らしい言葉を残した。このチーム、桜庭とユンは2度目、所と中村は3大会連続での出場。これまで優勝経験がないだけに、勝利への思いも強い。大将を務める中村大介曰く「桜庭さんのチームが優勝するのが一番盛り上がる」。多くのファンがそれを望んでいるはずだ。


とはいえ、今回も各チーム多彩かつハイレベルな選手が揃っているのは間違いない。特に10th Planetは、コアな格闘技ファンにとって待望の参戦と言っていいだろう。

(エディ・ブラボーと10th Planetの選手たち。見た目のインパクトも充分)


10th Planetとは、“寝技の革命家”とも言えるエディ・ブラボーのジム。エディはこれまでラバーガード、ツイスターといったテクニックを開発・体系化し、広めてきた。EBIという主催大会もあり、そこではポイント制なし、サプミッション・オンリーの試合が行われている。その意味でも「QUINTET」向きだ。


今回はジムを代表する選手たちが登場。チームを率いるエディによれば「全員が一本勝ちする力を持っている」という。選手たちも「俺たちに引き分けやポイントは関係ない」、「最後まで“極め”を狙う」と異口同音にコメント。グラップリング最前線、最先端の闘いが見られるだろう。


対する石井のチームも柔道、サンボ、柔術の強豪を揃えており侮れない存在。個々の力だけでなくチームの団結力、戦略も重要になる「QUINTET」だけに、今回も先の読めない展開となりそうだ。

続きを見る