1R劇的決着!秋山成勲&ユン・チャンミンが日韓戦を制す そして、青木真也が乱入!「格闘代理戦争」3rdシーズンは“女子の闘い”へ

「格闘代理戦争 2nd SEASON」、その決勝戦が7月14日に行われた。

1st SEASONのK-1編に続き、今回はMMA編で実施。レジェンド格闘家の推薦選手が出世をかけて己を磨き、闘っていくという内容だ。優勝者に贈られる賞金は300万円。さらにアジア最大規模の格闘技プロモーション「ONE Chanpionship」との契約も。チャンスに飢えた若い格闘家にとって、まさに人生を変える闘いだ。


決勝に勝ち上がったのは山本“KID”徳郁推薦選手、トライアウトを生き残った辻本拳也と、秋山成勲が推薦するユン・チャンミン。番組でも放送された、秋山との地獄のスパーリングに耐え抜いてここまできた。


辻本、ユンともに打撃が得意な選手で、試合も打ち合いになることが予想された。実際、辻本は開始早々にミドルキックをヒット。自分の間合いを取ることに成功する。


だがユンは一気に距離を詰めるとタックルでテイクダウン。そこからマウント、バックとポジションを進め、最後はリアネイキッドチョーク。予想外、かつ劇的な寝技による1R決着だった。


セコンドについた秋山によると、この展開も「作戦の一つとしてはあった」。そのチャンスを逃さなかったユンの嗅覚が見事だったと言えるだろう。

この試合、韓国から両親も応援に来ており、賞金で「高級な腕時計を買ってあげたい」とユン。これからはONEという大舞台での闘いが始まる。ユンの体幹を絶賛した秋山は、同時に「プロで闘うのは強い相手ばかり。メンタルも鍛えてほしい」というアドバイスも送った。


一方、敗れた辻本は閉会式の間もただただうなだれ、沈痛な面持ち。相手が組んでくることも予想していたが、技術の差が出たと結果を真摯に受け止めていた。とはいえ「格闘代理戦争」出場の若い選手たちは、優勝したユンも含め全員が発展途上。これからの出世争いにも期待大だ。

そしてエンディングでは、番組に参加したレジェンド格闘家の一人・青木真也がブラジリアン柔術世界大会4連覇の強豪である湯浅麗歌子を引き連れて登場。「格闘代理戦争 3rd SEASON」女子編開催をアピールした。


近年、日本でも大きな盛り上がりを見せている女子格闘技だけに、3rd SEASONもファンの注目を集めることになりそうだ。しかも湯浅はプロMMAファイターではないが柔術のトップ中のトップ。レベルの高さという面では、シリーズ最高のものになる可能性も充分にある。

続きを見る