皇治、「武尊とやるまでは暇つぶし」「ファンのためなら誰ともやる」 スタウロスを挑発

18日に『K-1 WEDNESDAY CHANNEL』(YouTube)が生放送された。

ゲストの皇治は、9月24日(月・祝)開催の「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~初代クルーザー級王座決定トーナメント~」さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナ大会のスーパーファイトで、スタウロス・エグザコスティディスとの対戦が決まっている。


次戦について聞かれた皇治は「たけぽん(武尊)と12月やるまで(試合)する気なくて、マジで遊ぼうと思ってたんですけど、ファンが寂しそうにしてるし」と、自分が出なければK-1が盛り上がらないと豪語。


さらに、強豪スタウロスとの戦いを「まあ、ヒマつぶしっすよね」と言ってのける。ファンからは「試合をして欲しい」という声が寄せられていたそうで「俺がいちばん愛しているファンのために試合をしようと決めました」と理由を明かした。


皇治との対戦を望む選手は多いそうだが「どうせやるなら強くて名前がある奴とやった方がファンが喜ぶし、ファンが興奮する奴だったら誰ともやるんで」と自信のポリシーを語る。


しかし「サウスポーじゃなかったら誰でもやる」と前言を一部撤回すると、「キューピー(スタウロ)がもしサウスポーに構えてきたら俺は試合やらない。リング降りますんで」と、サウスポー相手には“完全撤退”を決め込んでいた。

続きを見る