「その気になればここにいる全ての人間を殺せる、訓練された“キラー”」 ドゥエイン・ラドウィック,、武尊を語る

3月21日、さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナにて開催された『K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K’FESTA.1~』で武尊は、第4代スーパー・フェザー級王座決定トーナメントを勝ち抜きK-1史上初の三階級制覇という快挙を成し遂げた。

昨年12月同様、武者修行のため6月に再度渡米した武尊。カリフォルニア州でUFC王者TJ・ディラショーのトレーニングキャンプに参加した後、前回の修業の地コロラド州デンバーへ向かった。


<ラドウィック・マーシャルアーツ>を主宰する名伯楽、ドゥエイン・ラドウィックは「彼は“庭の戦士”(warrior in the garden)なんだ。その意味がわかるかい?」とスタッフに問いかける。


「彼は本当に訓練された“キラー”で、その気になればここにいる全ての人間を殺せる」と物騒なことを言いながらも「でも、そんなことはしないで“優しい人”でいる選択をしている」と、武尊の人間性を分析。


そして「死の戦士になるトレーニングをしていて、まるでそうではないかのような振る舞い。“庭師”みたいに平和的な人の様にしている」と、優しさと強さを同時に持つ武尊を“庭の戦士”と呼んだ真意を明かす。


「武尊は私が思う格闘家の“あるべき姿”の模範なんだ」と武尊を絶賛するラドウィック。「模範を示し、人助けをし、人に分け与える。だから彼がここにいること、彼を教えることができることを光栄に思っている」と喜びを表した。

続きを見る