武尊、再び着火!2度目のアメリカ武者修行で抱いた決意

3月21日、さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナにて開催された『K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K’FESTA.1~』で武尊は、第4代スーパー・フェザー級王座決定トーナメントを勝ち抜きK-1史上初の三階級制覇という快挙を成し遂げた。

昨年12月同様、武者修行のため6月に再度渡米した武尊。カリフォルニア州でUFC王者TJ・ディラショーのトレーニングキャンプに参加した後、前回の修業の地コロラド州デンバーへ向かった。


デンバーの日本語補習学校では、特別講演に挑んだ武尊。チャンピオンベルトを肩にかけ登場し、ミット打ちではワン・ツーで歓声を浴びると、空中蹴りまで披露して会場を沸かせた。


講演では「みんなはスポーツとか目標にしていることありますか?」と生徒に問いかける武尊。自らも小さい頃からK-1ファイターになりたいという夢を追いかけてきたとして「小さいことでもいいから、目標を1個作って頑張ってくれたら嬉しいなと思います」とエールを送った。


武者修行を終え、無事日本に帰ってきた武尊。今回はいろいろな技術を取り入れることができ“固定概念”が崩れたとして「可能性が広がったというか、視野が広がったのかなと思います」と成果を明かす。


「アメリカで新しく出会った人たちもたくさんいたので、その人たちにも『勝ったよ!』という報告ができるように、また日本で練習頑張りたいなと思います」と闘志を燃やしていた。

続きを見る