青木真也、「対戦相手はそこまで重要ではない」「相手にどうこう言うことない」

現地時間2018年7月27日にフィリピン・マニラで開催されるONE Championship「REIGN OF KINGS」に参戦する“バカサバイバー”青木真也。試合の様子は<AbemaTV>で生中継される。

試合のマッチメイクについて聞かれた青木は「相手に関してどうこう言うことはないですね、僕はそこに関しては」とキッパリ答える。


「極論、対戦相手はそこまで重要ではないですよね」と言い切る青木は「僕は誰とでもやるし『やりたい相手いますか?』って言われたら『やりたい相手いない』って答えるし」と“来るものは拒まず”の姿勢を貫いた。


「大切なのは何よりもやっぱり、自分が豊かであって、自分が楽しく、自分のストーリーが良いストーリーであることが大切なので」と、自身を基軸とした試合ができることが重要だと語る青木。


「あんまり誰とやりたいとか、チャンピオンになりたいとか、そういう“外的要因”で僕は試合をしていないんですよね」として「でも緊張感ありますし、なんだかんだで試合することになれば、勝負ですから」と、勝負そのものに価値を見出しているようだ。


さらに「試合はいつもやりたいくないですからね、基本やりたくないものだし」と、真摯に試合に挑む青木だからこその心境も明かしていた。

続きを見る