「まだ里村明衣子、お前の首を取ってない」 男と女の全力真っ向勝負!センダイガールズ対ALL OUTが開戦!

7月24日の「DDT LIVE! マジ卍」生中継大会、そのメインイベントでKO-D6人タッグ選手権がマッチメイクされた。

(里村の得意技であるスコーピオ・ライジング(相手に飛び乗ってのカカト落とし)が竹下にヒット。最後まで勝負の行方が分からない激闘だった)

(C)DDTプロレスリング


チャンピオンチームは竹下幸之介、彰人、勝俣瞬馬のユニットALL OUT。挑戦者は女子選手、センダイガールズプロレスリングの里村明衣子&DASH・チサコ&カサンドラ宮城である。


この対戦は竹下が里村を指名したことによって実現したもの。竹下は“女子プロレス界の横綱”と呼ばれる里村に対し、男女関係なくライバル意識とリスペクトを抱いている。曰く「考え方はシンプルですよ。里村明衣子と闘いたいか闘いたくないか。僕は闘いたい」。


実際、里村は男子選手相手でも実績がある。イギリスのFight Club PROでシングル王座を獲得し、 DDTでもとしまえんでの路上プロレスに優勝。また現在「いつでもどこでも挑戦権」保持者として、KO-D無差別級王座挑戦のタイミングをうかがってもいる。チサコ、カサンドラとのトリオでは、アメリカのチカラプロにおけるトーナメントで優勝したことも。

(大胆な攻撃でALL OUTを翻弄したチサコ。入場ゲートからのボディアタックも)

(C)DDTプロレスリング


もちろん体格面ではALL OUTが圧倒的に優位なのだが、里村は強烈な蹴りで真っ向から対抗。チサコも全体重を浴びせるダイビング・フットスタンプを繰り出した。食らった勝俣が「死ぬかと思った」というほど強烈な一撃だ。バリエーション豊かなドロップキック、入場ゲートからのダイブなど、チサコは思い切りのいい攻撃で次々と見せ場を作っていく。


さらにカサンドラは竹下と彰人のロープワークを使った鉄壁の連携を分断。垂直落下式ブレーンバスターをカウント2で返す場面もあり、竹下を愕然とさせてみせた。


里村が必殺技であるスコーピオ・ライジングを竹下に決めた瞬間など「男子選手相手にどこまでできるか」ではなく、「本当に王座移動があるかも」と観客に思わせる熱戦だった。


それでもALL OUTは随所でコンビネーションのよさを見せ、容赦なく攻撃。最後は竹下が頭突きからのジャーマン・スープレックスでカサンドラをフォールしている。


「勝因は油断しなかったこと。女だからとか少しでも思ってたら、勝俣は速攻いかれてたでしょ」と試合後の竹下。「むしろ向こうが油断したんじゃないですか」とも語っており、男だから、チャンピオンだからという意識はまるでなかったようだ。

(試合後、激しく睨み合った里村と竹下。どちらも闘いをここで終わらせるつもりはない)

(C)DDTプロレスリング


リング上では、竹下が「センダイガールズvsALL OUTは今日が始まり。まだ里村明衣子、お前の首を取ってない」と本格的な“開戦”を宣言。「いつか必ずシングルマッチをやる。お前たちのリングに上がってもいい」とさえ言う。また勝俣も「DASH・チサコにはやり返さないと」とシングルマッチ実現をアピールした。


これに里村は「試合中に火がつきましたね。 ALL OUTとは今日が始まり」。センダイガールズで男子との試合を組むことも「今まではなかったですけど、ありだと思います。新たな一歩を踏み出す時かもしれない」と前向きだ。「ベルトがもっとほしくなりましたね。一回やられて終わりじゃない」(チサコ)、「次は必ずカサンドラの恐怖を植え付けてやる!」(カサンドラ)と、センダイガールズ側は一歩も退かない構えを見せる。

(勝利した彰人、竹下、勝俣。次の防衛戦ではケンドー・カシン&NOSAWA論外&奥田啓介という曲者を迎え撃つことに)

(C)DDTプロレスリング


DDTの幅広さ、懐の深さと里村率いるセンダイガールズの鍛えに鍛えた実力が合致したことで生まれた、新たなライバル関係。この日の熱気からしても、次の闘いを待つ望むファンは多いはずだ。


文・橋本宗洋

続きを見る