「飯伏幸太が全部悪い!」DDT写真撮影の曖昧なレギュレーションに異議

27日『DDTの木曜The NIGHT』(AbemaTV)が放送された。代表取締役社長である高木三四郎を筆頭に、男色ディーノらDDTのプロレスラーたちが奇想天外な企画に挑む生放送番組だ。


現在DDTでは、売店などでの選手との写真撮影は原則禁止となっているが、高木が「本当はいけないんだけど、たまに『内緒だよ?』とかいいながらこう……」とコッソリ応じていることを明かすと、ディーノは「ここよ! ここを私、議題に上げたいです」と、曖昧なレギュレーションに異議を申し立てる。


高木は「みんなOKにすりゃいいじゃん」という本音はあるとしながらも、写真を撮ると時間を取られてしまい、休憩時間で物販が買えない客が出てきてしまうといった弊害が生じてしまうのだとか。


「飯伏とかいた時代とかヤバかったんだよ」と、もともとは飯伏幸太の人気がありすぎたためにやむを得ず導入した制度だとして、「だから飯伏が悪いんだよ全部」と完全に責任をなすりつけると、すかさずディーノは「出た、人のせい!」とツッコむ。


「飯伏いないからもういいじゃんて話もあるんだけど、でも後楽園になるとやっぱりね……」と、会場による対応の違いが出てしまうことや『ファンクラブ撮影会』といった特典との差別化などの課題もあるとして、DDTの社長として高木も頭を悩ませているようだ。


(C)AbemaTV

続きを見る