「格闘技が好き。それ以外やることがない」「ガチを見せる」藤野恵実、試合で生き様を見せる

8月5日開催の『PANCRASE298』スタジオコースト大会でヴィヴィアニ・アロージョと対戦する藤野恵実。試合の様子は<AbemaTV>で生中継される。


いつまで格闘家を続けるのか? という質問に「弱くなったと思ったら辞めさせてくれ」と周囲に頼んでいるという藤野は、「前より強くなっているうちは(格闘技を)やりたい」と答え「格闘技好きだし、それ以外にやることがない」とはにかんで見せる。


藤野のスパーリング相手を務めた元SB日本女子フライ級王者の高橋藍は「とにかく挑戦し続ける姿がすごい」と藤野を評価すると「筋肉とBBAがくっついたんで、そんな恐ろしいキャラないですよね。筋肉ババア……(笑)」と、常人の枠組みを超えた藤野のスゴさを表現した。


王座戦への思いを聞かれた藤野は「今まで自分がなんで格闘技続けてきたかとか、そういうことになると思う」と、自らの“生き様”があらわになる試合だとして「それをこの試合で出し切らなかったら、今までやってきた意味がない」と闘志を燃やす。


「ババアは強くないと生き残れない」と自分に言い聞かせるように語った藤野は、次戦について「とにかく勝つ」とキッパリ。「生きていてガチになることあんまりないんで、“ガチ”を見せたい」と力強く宣言した。



続きを見る