「あんな選手、世界中探してもいない」「“ブッとんだ”感じ」ロッキー・ロメロ、タグチジャパンを絶賛

29日、『ロッキー・ロメロが選ぶ 世界でロックした新日本プロレス ベスト3』(AbemaTV)が放送された。


ロッキーは第3位として、田口隆祐が率いる「タグチジャパン」の試合を挙げる。


「特定の試合じゃないんだけど、田口の試合をいくつかVTRで流してくれない?」とスタッフにザックリなリクエストをすると、苦笑いして「あの“ブッとんだ”感じを説明するのが難しいから」と、試合を1つに絞れなかった理由を明かした。


田口の伝家の宝刀であるヒップアタックにちなみ「飯塚高史が田口の尻に噛みついた試合なんかもクールだったね」と、青森県武道館での6人タッグマッチの試合で、田口の尻が飯塚高史の噛みつき攻撃の餌食になった場面をピックアップ。


さらにロッキーは「ヒップアタックを外したり、ヒップアタックに俺が……何だっけ?」と拝むように両手を合わる仕草をしてスタッフに助けを求め「Year、カンチョーで反撃した試合もあった」とバリエーション豊かな振り返る。


「あんな選手、世界中探してもいないよ。アメリカ、メシキコ、カナダ、イタリア、イギリス……どこにもない」とオンリーワンすぎる田口の個性を評価し


続きを見る