「RIZIN対ONEでやってやろうじゃないか!」青木真也、QUINTETにサプライズ提案

7月30日に総合格闘技界の異端児・青木真也の冠番組『AOKI AWARD』(AbemaTV)が放送。

青木が直近1ヶ月間で行われた格闘技の試合から、 独自の目線で最も興味深かった試合を選び、選手に賞を贈るという格闘技シーンを盛り上げるために企画・創設したアワードで、第6回は史上最年少DEEP王者・元谷友貴を選出した。


「青木真也のあ~だこ~だ」のコーナーで、桜庭和志プロデュースで好評を博したグラップリングイベント<QUINTET>について触れた青木。


寝技師として日本屈指の実力を持つ青木だが、<QUINTET>の対戦を「練習試合だよ! 俺から言わせると、UWFの海賊ビデオみたいなもん」と切り捨てた。


さらに「あれやったからどういうっていうもんじゃないし、あれを絶賛する風潮は気持ち悪い。俺は見ようとは思わない」と、評価に値しないとばかりにこき下ろす。


「スイングさせるルール、あれでMMAの選手は育たない」と<QUINTET>における独自ルールの存在を指摘して「“参考値”として楽しむものであって、あれをメインストリームで楽しむものじゃない」と言い切った。


取材スタッフから<QUINTET>から声はかからないのか? と聞かれると「声かからない」と即答し、「だって面倒くさいじゃん、俺とか出たら」と苦笑いする。


しかし「でも可能性はすごいあると思ってて」と切り出すと「<RIZIN>対<ONE>、5対5戦<QUINTET>でやってやろうじゃないか、みたいな世界観だったら面白いかもしれない」とサプライズ構想をぶち上げていた。

続きを見る