身の毛もよだつ黒い“アレ”!「箱の中身当てバトル」で大パニック

3日『DDTの木曜The NIGHT』(AbemaTV)が放送された。代表取締役社長である高木三四郎を筆頭に、男色ディーノらDDTのプロレスラーたちが奇想天外な企画に挑む生放送番組だ。

今回は「身の毛もよだつ東京女子だらけの絶叫ナイト」と題して、女子プロレスラーたちが“絶叫”をテーマにさまざまなゲームで対決。


「箱の中身は何でしょう! バトル」は、前回同番組でヘビを登場させるなどして高木に「番組スタッフは狂ってる!」と言わしめたが、今回はさらにパワーアップして生き物の“お題”が次々に登場した。


最初はハサミを縛ったザリガニ、ドジョウといった比較的触れそうな生物だったが、3回戦目の“ブツ”を山下実優が運び込もうとした瞬間からスタジオの空気が急変する。


小さな黒い虫がうごめくプラスチックケースを「どうやって置けばいいの!」と、パニックになりながらも問題用のBOXに放り込むと山下はダウン。ディーノは「AbemaTVのスタッフさん馬鹿でしょ? 本当に」と絶句して、高木も「この番組おかしいわ」と非難。


異様なスタジオの空気に、答えを知らない才木玲佳が「どういう系?」と困惑しながらBOXに手を突っ込むと、箱が揺れる度に周りの女性陣が絶叫して阿鼻叫喚の騒ぎに。1分間のチャレンジ終えた才木はすっかり憔悴していた。


2番目に挑戦した瑞希は、答えを“虫系”と察したようで「見なくても分かる!」と全く箱に手を入れることができず挑戦終了。才木は「カメレオン」、瑞希は「コオロギ」と答えたが、正解は「海外のゴキブリ」で、スタジオはパニック状態に陥っていた。

続きを見る