筋肉アイドル・才木玲佳、“何かと意識する”ライバルを語る「マッスルポーズは私が……」

“筋肉アイドル”才木玲佳がプロレスラーとして主戦場にする東京女子プロレスが、今年3回目となる後楽園ホール大会を8月25日に開催する。


そこで行なわれるのが山下実優vs優宇のTOKYOプリンセス・オブ・プリンセス選手権。才木がライバルとして意識する選手同士のタイトルマッチだ。特に優宇は挑戦権を獲得したトーナメントの1回戦で才木に勝っている。才木玲佳レギュラーインタビュー、今回は山下vs優宇への思いを語ってもらった。

(東京女子プロレスのタッグ王者として活躍する才木。シングルでの再チャンスもうかがう。)

(C)DDTプロレスリング


(聞き手・橋本宗洋)

――今回もよろしくお願いします。

才木 筋肉担当! 元気、やる気、才木玲佳です! よろしくお願いします!


――8月ということで、25日には東京女子プロレスの後楽園大会がありますね。

才木 前回が5月3日ですよね。年3回あるとあっという間に来ちゃう感じですね(笑)。「こないだやったばっかなのに」って(笑)。


――後楽園では、山下選手と優宇選手のタイトルマッチが行なわれます。

才木 ねぇ。後楽園では私が挑戦したかったんですけどねぇ。


――才木さんは優宇さんとトーナメントの1回戦で当たって、惜しくも敗れて。「この2人が1回戦からやっちゃうんだ」という感じもありました。

才木 お互い元チャンピオンっていうこともあって「事実上の決勝戦」みたいに言ってくれる方もいて嬉しかったですね。


――東京女子のトーナメントは毎回、レベルが上がってる感じがしますね。

才木 みんな実力が上がってるから、どっちが勝ってもおかしくない試合が多かったですよね。1回戦でまなせゆうなさんにのどかおねえさんが勝ったり、(ハイパー)ミサヲさんが沙希様に勝ったのも驚きましたし。

(8.25後楽園でシングル王座に挑戦する優宇とは、3度にわたって激闘を展開している才木)

(C)DDTプロレスリング


――のどか選手は山下選手にも勝ってベスト4になりました。

才木 私は山下とも闘いたかったですねぇ。


――1月の後楽園でベルトを奪われてますからね。

才木 山下が一番やりたい相手で、二番目が優宇さんだったんですよ。だからトーナメント組み合わせの抽選結果はあれでよかったと思いますね。


――優宇選手とはこれまで1勝1敗で、これが3戦目でした。結果として敗れはしましたが、優宇選手のチョップと才木さんのミドルキックの打ち合いは凄まじい迫力でしたね。

才木 優宇さんのチョップって、もの凄く痛いんですよ。久しぶりに思い出しました(笑)。ただ、打ち合いで一回打ち負けて、そこからもう一回いったんですよ。


――自分から2度目の打ち合いにいきましたよね。

才木 一回、打ち負けたところで「こんなもんじゃねえ!」ってなったんですよね。「もっとやりたい!」って。結果的にダブルチョップ食らっちゃったんですけど。


――そういう部分も含めて、試合内容は過去2回よりもよかった気がしました。

才木 成長できてますかね? 最初、去年の3月に試合した時は優宇さんの勢い、パワーにかなり押される部分があって。あの時に比べたらよくなったかな。ただ、これで負け越しになっちゃったのは悔しいですね。次は勝たないと。やっぱり意識する相手なので。


――負けたくない相手というか。

才木 私も優宇さんも、東京女子では数少ないパワーファイターなので。優宇さんはポスターの写真とかでもマッスルポーズをするので「それは私が……」みたいに思ったり(笑)。何かと意識しますね。いい対抗心を燃やせる相手です。


――共通する部分があるからこそ負けたくないと。

才木 それは山下も同じなんですよ。選手って個性がそれぞれなんですけど、山下と優宇さんは私に近いものがあるなって。


――優宇選手はパワー、山下選手は蹴りが武器という部分で似てますよね。

才木 この2人とはいいライバル関係だと思ってます。その2人が後楽園で闘うことになって。優宇さんには「私に勝ったんだからトーナメントで優勝してほしい」って思ってたんです。それが実現しましたね。


――この試合の結果はどうなってほしいですか?

才木 これは本当にどっちが勝ってもおかしくないし、私としてもどっちの勝ちでもいいというか。私は勝ったほうとやれるように頑張るだけなので。


――どちらであれリベンジしないといけないわけですよね。

才木 だから後楽園のタイトルマッチがこの組み合わせになったのは、私にとってベストな流れですよ。「次は私がいくぞ」って気合いが入りますね。

続きを見る