RaMuと柴田アナがあわやキス!?「女の子同士だからガンガンいける」

10日『DDTの木曜The NIGHT』(AbemaTV)が放送された。代表取締役社長である高木三四郎を筆頭に、男色ディーノらDDTのプロレスラーたちが奇想天外な企画に挑む生放送番組だ。


今回はゲストにグラビアタレントのRaMuが登場して、体当たりでさまざまな企画に挑戦。『ちゅるちゅるすすれ! ピッタシ調整チャレンジ!』では、長い紐状のグミを両端から2人が目隠し状態ですするように食べて、3センチピッタリの長さを目指した。


RaMuは女性の柴田紗帆アナウンサーと挑戦することになり、ディーノは「ここは分かって下さい。どういう映像が欲しいかを察して下さい」と意味深発言。


「女の子同士だからガンガンいけると思う」と自信を見せたRaMuは、勢いよくグミをすすり2人の顔は急接近。お互いの肩を掴むをキス寸前の距離にまで詰め寄った。


恥ずかしがって顔をそらしてしまった柴田アナからグミを奪い取ったRaMuは、口の中で“微調整”して吐き出すと、長さは2.8センチという好記録でチャレンジは見事成功となった。


(C)AbemaTV

続きを見る