「チャンピオンってこんなもんですか?」タイトル前哨戦で優宇が王者・山下を絞め落とす!

東京女子プロレスのビッグマッチ、8.25後楽園ホール大会が近づくにつれ、その前哨戦も激化している。

(優宇は制止に入ったレフェリーを突き飛ばし、山下を片羽絞めで失神させる。いつもとは違う荒れた展開となった)

(C)DDTプロレスリング


今年3度目の“聖地”決戦でシングル王座「TOKYOプリンセス・オブ・プリンセス」のベルトを争うのは王者・山下実優と挑戦者・優宇。団体一期生にして初代王者でもある山下は、今年1月に才木玲佳を下して王座返り咲きを果たし、ここまで4度の防衛に成功してきた。空手の蹴りを武器としたファイトスタイルはデビュー当時から一貫しているが、2度目の戴冠からはトップ選手としての落ち着きや威厳が増した感もある。


対する優宇は第2代王者。一昨年、山下からベルトを奪った実績を持つ。当時はデビュー以来、無敗のまま頂点に立ったが、昨年夏に王座陥落。それ以来、シングル戦線では一歩後退していた。だが「今の私は負けた人の気持ちが分かる」と、悔しさを経験値として取り込んで成長。恒例のトーナメント「東京プリンセスカップ」を制して挑戦の名乗りをあげた。


文句なしのトップ対決であり、山下にとっては過去の大きな黒星を克服するための重要な一戦にもなる。また優宇もこの1年、蓄えた力を一気にぶつけようというだけに生半可な覚悟ではないだろう。

(まなせゆうなとのタッグで快勝した優宇。「トーナメント優勝を無駄にしたくない」とも)

(C)DDTプロレスリング


8月12日の板橋大会では、山下&ヒカリvs優宇&まなせゆうなというタッグ対決がマッチメイク。タイトルマッチに向けての前哨戦だ。


ここであらためて目立ったのが優宇の攻撃力。逆水平チョップ、セントーン、さらに蹴り足をキャッチしてパワーボムでコーナーマットに叩き付けるなど重量感に満ちたファイトを見せた。


山下も蹴りで対抗、柔道出身の優宇に寝技で対抗していく姿も印象に残ったが、この日は「(優宇の)勢いで手数が出せなかった」と脱帽。ヒカリがピンチを迎えたところで救出に入ったものの、逆に片羽絞めで絞め落とされてしまう。

(この大会では滝川あずさが9ヶ月ぶりに登場。NEO美威獅鬼軍の「アズサ・クリスティ」だった記憶はないとのことだが「ずっとリングで頑張っていたような気はします」とのこと)

(C)DDTプロレスリング


最後はヒカリも仕留められ、山下組は完敗。優宇は試合後も「チャンピオンってこんなもんですか?」、「私がどんな気持ちで挑戦したいって言ったのか、分かってもらわないと困りますね」と言い放った。8.18名古屋大会でも前哨戦が組まれているが、現時点では優宇がリードしている状況だと言っていい。


ただ、前哨戦の展開を踏まえた上での駆け引き、裏の読み合いが重要になってくるのもタイトルマッチだ。山下がチョップや片羽絞めへの対策を練ってくる可能性も充分。前哨戦が激しいほど“ハッテンニーゴー後楽園”への期待も高まっていく。


文・橋本宗洋

続きを見る