紫雷イオが退団、ここから誰が飛び出すか?サイプレス上野が語る、スターダムへの期待感

団体の、というより日本女子プロレス界のトップだった紫雷イオが退団、WWEとの契約を果たしたことで、スターダムは新たな局面を迎えた。男女問わず多くの団体を観戦しているラッパーのサイプレス上野(サイプレス上野とロベルト吉野)は、これからのスターダムをどう見ているのか。上野が注目する選手とは?

(6.10新木場大会にて。期待しているというジャングル叫女と)


(聞き手・橋本宗洋)

——今のスターダムは紫雷イオ選手が抜けたことで、新たな主役争いという面も大事になってきますね。

上野 イオ選手が退団する直前、6月10日の新木場大会を見ましたけど、その時点で新陳代謝してるなって思いましたよ。ユニットでいうと大江戸隊はいかにも「できる」って感じで。


——興行が締まるというか。

上野 大江戸隊も海外からスカウト来てもおかしくないんじゃないかっていう(笑)。それくらいしっかりしてますよね。技術があって、エンターテインすることもできて。


——海外でも通用するなと。

上野 不安になりますよ、みんなアメリカ行っちゃうのもなって(笑)。


——言葉とか環境はありますけど、海外でスターになれる土壌があるわけですよね。

上野 そういう可能性もあるし、日本は日本でどんどん新しい選手が出てくるし。岩谷(麻優)選手は一期生ですけど、ここにきてまたイキイキしてますよね。楽しそうにやってるなって。


——あの明るさはスターダムに欠かせないというか。

上野 岩谷選手はもっと化けそうな気がするし、そのことで団体もハネそうですよね。以前は「体が細いけど必死にやってる」みたいな悲壮感が出ちゃう時があったと思うんですよ。でも今は悲壮感じゃなく期待感を背負ってやってほしい。


——ここで誰が抜け出てくるのかと考えると、やはり岩谷選手ですか。

上野 でもスターライト・キッドもいい動きしてましたし、主力選手が抜けた状況を「チャンス」と思えるかどうかが大事でしょうね。そういう意味では、逆に今のスターダムが面白いなと。


——注目しがいがありますよね。

上野 個人的にはジャン叫選手(ジャングル叫女)、面白そうだなと。もっとハネそうな気がするんですよ。


——ポテンシャル高いですよね。体がしっかりしてる感じで。

上野 体幹が強くてパワーがあってっていう。しっかり鍛えてるなって感じですよ。


——前にDDTの高木三四郎社長が言ってたんですけど、スターダムはアイドル的選手がいつつ、保守本流の団体だと。全日本女子プロレスだったロッシー小川さんが代表ですし。

上野 ガッツリ強いっていうところが本分。そういう団体は新しい選手も出てきやすいんじゃないですかね。そういう意味でもスターダムってまだまだいけるし、やっぱり楽しみなのは選手の自己主張なんですよ。


——ここで自分がトップ取ってやるという。

上野 「じゃあ私が行くよ」って。女子ならではの主張の強さというか主導権争いというか、そういうのが透けて見えるのも大好きなんで、こっちは(笑)。

続きを見る