「中国にベルトが渡ることはない」敗戦を乗り越えたKANA、不退転の決意

8月18日開催の『Krush.92』メインイベントとなるKrush女子フライ級タイトルマッチで、リュウ・シーベイを相手に自身の持つベルトを懸けタイトル防衛戦をするKANA。試合の様子は<AbemaTV>で生中継される。


今回のタイトル戦に向けて、KANAは英国の<Double K Gym>で約1か月の単独武者修行を敢行。<K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ>代表の大宮司進氏は「実戦経験というか、スパーリングを中心にやってきたので、その部分で大幅に変わった、変化が練習の中でも出てますね」と自信を見せる。


さらに「分かりやすくいうと蹴りの部分。(KANAは)ボクシングの比重が高かったんで、蹴りの部分のレベルがかなり上がってきた」と成果について語った。


KANAはタイトル防衛について「初めてプロになってメロニー・ヘウヘス選手に負けて、ベルトがオランダに渡ってしまったときも、本当に全てなくなってしまったぐらい結構ショックというか、本当に大きい体験をした」と、プロになってからの唯一の敗戦を振り返る。


「1回負けてからは『もう絶対負けない』と決めたので、中国にベルトが渡ることはないです」とキッパリ言い切り「しっかり、ぶっ倒します」と、余裕の笑みを浮かべていた。

続きを見る