名古屋炎上!これがKrushだ!地元出身の野杁正明&大和哲也が豪快KO競演

Krush名古屋大会は、地元のファンにとって年に一度のお祭りとも言えるイベントだ。


東京での大会に見劣りしないマッチメイク。ゲストも豪華で、今年(8月18日、名古屋国際会議場)は城戸康裕と皇治、篠原悠人、武尊のトークに平本蓮vs近藤魁成の特別試合、木村“フィリップ”ミノルも登場。


また本戦は女子王者KANAのタイトルマッチをメインに、K-1王者の野杁正明、大和哲也と地元出身のトップ選手が出場している。


この後半3試合は、新・格闘技大国となりつつある中国の選手との対戦。未知数の部分もある相手だが、結果としてKOラッシュになった。


大和はツイ・ジェンホイを2ラウンドでKO。真っ向勝負の中、ツイの強打に驚かされる場面もあったが、的確なローキックが功を奏した。


足へのダメージでダウン寸前まで追い込み、最後は得意の左ボディフック。今年3月、野杁とのK-1タイトル戦に敗れてからの再起戦を最高の勝ち方で飾った。そしてその次の試合、セミファイナルで野杁がヤン・ハオドンと対戦。


K-1スーパー・ライト級(65kg)王者の野杁だが、今回の契約体重は67kg。階級を上げることも視野に入れての試合だ。野杁は序盤からパンチ、蹴り、上下左右を巧みに打ち分けるぶ厚い攻撃を披露。瞬く間にペースを握ると、パンチ連打から左ハイキックにつなげるコンビネーションでヤンを倒し切ってしまった。


地元での鮮烈な勝利に「これがKrushです」と野杁。「K-1のチャンピオンにもなりましたけど、僕がここまでこれたのはKrushのおかげ。Krushらしい試合ができました」というアピールも。


大和、野杁が最高の形でバトンを渡し、メインではKANAもKOでタイトル防衛に成功。野杁が言うように「Krushらしさ」を堪能できる大会となった。

続きを見る