ここ最近のPANCRASEでは1番鳥肌立った 中尾明慶が選出!「PANCRASE ベストバウト」

『PANCRASE 中尾明慶が選んだベストバウト』(AbemaTV)にて、俳優でありテレビ放送で解説も務める格闘技愛好者、中尾明慶がベストバウトを厳選し紹介している。

日本トップレベルのファイターたちがしのぎを削る総合格闘技団体<PANCRASE>。中尾は2017年10月8日開催の『PANCRASE290』における日沖発と髙谷裕之との試合をピックアップした。


「日沖選手とはゲストの解説で一緒で、髙谷選手には食事ご馳走になったり、銭湯に連れて行っていただいたり」と両者と交流があるとして「その2人が闘うということで、会場に行けなかったです」と告白する。


「どっち応援していいかわからないから生ではとても見れない」と複雑な胸中を明かした中尾は「日沖選手、前回も田中(半蔵)選手にKO負けしていて、今回もKO負けなんですが、髙谷選手も日沖選手のパンチで効いていたと思う」と激戦を分析した。


髙谷はもともとワルで「ワンパンの髙谷」と呼ばれていたそうで「まさに本当に『ワンパンの髙谷だ!』という試合でしたね」と評すると「日沖選手も1発で倒してやるというのがあったからこういう倒れ方」と双方がKO狙いだったと解説。


よく知る2人の激闘に、中尾は「ここ最近の<PANCRASE>では1番鳥肌立った試合」と興奮気味に語っていた。

続きを見る