コーナー上から中指を立てる!才木玲佳&伊藤麻希、アイドル連合軍でタイトル前哨戦に快勝


東京女子プロレスの大一番、8月25日の後楽園ホール大会(AbemaTVにて生中継)を一週間後に控え、18日に名古屋市東スポーツセンター大会が開催された。

(タッグタイトル前哨戦で勝利した伊藤は、瑞希に中指を立ててこの表情)


この日のメインは山下実優&滝川あずさvs優宇&のどかおねえさん。8.25後楽園で行なわれるシングル王座戦、山下vs優宇の前哨戦となる。昨年の挑戦者決定戦では山下が勝ち、2度目の戴冠につなげているが、初代王者時代の山下からベルトを奪ったのは優宇。ライバル対決でありトップ対決、なおかつ決着戦だ。山下にとっては、王者としての立場で過去の悔しい負けを払拭するための試合でもある。

(シングル王座挑戦を控えた優宇は前哨戦に連勝。この試合はのどかおねえさんの「おねえさん卒業マッチ」でもあった)


ここまでの前哨戦、先に勝ったのは山下だったが、8.12板橋大会では優宇が勝利。山下は直接の黒星こそつかなかったが優宇の片羽絞めで失神する屈辱を味わった。


8.18名古屋大会では一矢報いたいところだったが、またも優宇のパワーが炸裂することに。試合ごとに激しさを増す感がある優宇のチョップと山下の蹴りの打ち合いは互角だったが、のどかとの好連携もあって優宇が滝川に片羽絞めで勝利。勢いに乗って後楽園に向かうことになった。

(胸元どころか喉にも食い込みそうな優宇の逆水平チョップ)


この8.25後楽園大会では、坂崎ユカ&瑞希vs才木玲佳&伊藤麻希のタッッグ王座決定戦も。普段は「伊藤リスペクト軍団」としてユニットを組んでいる伊藤と瑞希だが、今回はベルトを争うことになった。しかも伊藤のパートナーは“筋肉アイドル”才木。話題性という点では東京女子でも最高のタッグだ。


才木とのタッグについて、敵から味方への展開を少年ジャンプになぞらえ「友情・努力・勝利」を掲げる伊藤。8.18名古屋大会では才木、アップアップガールズ(プロレス)のミウとのアイドル連合チームで坂崎&瑞希&愛野ユキと対戦した。

(得意技の競演も見せた才木、伊藤、ミウのアイドルチーム。アイドルだが気合いとパワーが持ち味)


本来のパートナーである瑞希には動きを読まれることもあったが、どんなシチュエーションであれ伊藤は伊藤。気合いと強引さにかけてはトップクラスである。雄叫びもろとも繰り出す頭突き、逆エビ固め、抱え込み式逆エビなど得意技を決めまくり、伊藤=逆エビ/才木=タワーブリッジ/ミウ=カナディアンバックブリーカーという三重奏も。「アイドルにだって友情はあるんだ!!」と言わんばかりのコンビネーションだった。


ユキを仕留めたフィニッシュは伊藤のフライング・ビッグヘッド(ダイビング・ヘッドバット)。瑞希に対してコーナー上から中指を立てつつ、伊藤はこれ以上ないほどのドヤ顔を見せたのだった。


試合後、才木がKrush名古屋大会のゲスト解説ですぐに会場をあとにしたため「伊藤ももっと売れたいよ!」と取材陣にジェラシーをぶちまける場面もあったが、まずは幸先のいい勝利。瑞希も伊藤の頭突きに警戒を強めており、後楽園でのタイトルマッチはキャリアで上回る坂崎&瑞希が有利だとも言い切れない戦況になってきた。


文・橋本宗洋

続きを見る