「日本に格闘技を取り戻す!」「PRIDEの時代を超える」アジア最大級の格闘技イベントONE Championship日本上陸に大熱狂

(C)Eliana Hiramatsu Lopes


アジア各国でビッグイベントを開催している格闘技プロモーションONE Championshipが、ついに日本大会を開催することになった。その第1回大会は来年3月31日、両国国技館で開催。また10月にも日本大会が行なわれるという(会場は未発表)。


これは8月23日、都内ホテルでの記者会見でアナウンスされたもの。この会見にはチャトリ・シットヨートンCEOに加え選手も12名、参加している。そのメンバーはブランドン・ヴェラ(ヘビー級王者)、アンジェラ・リー(女子アトム級王者)、内藤のび太(ストロー級王者)とというチャンピオンたちに青木真也、山口芽生(V.V Mei)長谷川賢と日本の強豪も。さらにヘンゾ・グレイシー、ハウフ・グレイシー、ゲイリー・トノン。立ち技からはジョルジオ・ペトロシアンにノンオー・ガイヤーンハーダオ。


これだけのメンバーを記者会見のために日本に集めたのだから、ONEの入り方は凄まじい。チャトリCEOによれば、彼らは全員、日本大会に参戦予定だという。


またコメントはなかったもののONEと契約している日本人選手たち、さらに他団体参戦中の選手や関係者も多数、来場していた。この会見は一般のファンも参加できる公開形式だったため、会場は“超満員”状態だ。

(C)ONE Championship


そんな中、会見で選手同様に存在感を発揮したのがチャトリCEOだ。母親が日本人だけに、個人的にも日本には思い入れがある。会見中、記者の質問に日本語で答えることもあれば、タイ語、英語に通訳する場面も。


会見の前半では、アジアにおけるONE、MMAの可能性を熱っぽくプレゼンテーション。さまざまな格闘技を生んだアジア、とりわけ武道の母国と言える日本へのリスペクトにあふれた内容で、アジアにおける武道、武術を「我々の宝」だと語っていた。


3月の両国大会だけではなく10月大会も発表したということは、日本進出が「様子見」ではなく継続的なものであると見ていいだろう。「格闘技、その熱を日本に取り戻したい」とチャトリCEO。


今回が48回目の来日だというヘンゾはじめ日本の格闘技、ファンに愛着を持つ選手も多い。日本の業界をさらに活性化させるためにも、ONEの存在はこれからますます注目されることになりそうだ。

続きを見る