青木真也、ONE会見で大暴走!煽りまくる「青木vs五味、やってやろうじゃないか」「9月30日のRIZINでやってやる」

アジア最大級の格闘技イベント、ONE Championshipの記者会見が、8月23日に都内ホテルで行なわれた。

(C)ONE Championship


これまでシンガポール、フィリピンなどアジア各国でビッグイベントを開催してきたONE。初の日本大会は来年3月31日、両国国技館で開催される。また10月にも日本大会を開催するという。


チャトリ・シットヨートンCEOとともに会見に出席した選手は12名。ヘビー級王者ブランドン・ヴェラから日本人選手たち、レジェンドファイターのヘンソ・グレイシーなど豪華メンバーが揃った。


それぞれがONEへの思い、日本大会に向けての意気込みを語る中、独自のスタンスで煽りまくったのが青木真也だ。


日本という独自の格闘技文化、歴史を持つ国でONEを開催するにあたり「ストーリー、情緒のある試合を見せたい。日本でしかできない試合を」と青木。そして「青木vs五味、やってやろうじゃないか。そういう気持ちです」とぶち上げた。さらに青木は「チャトリがいいと言えば、9月30日のRIZINでやってやる」とも。続けて「青木真也vs五味隆典、矢地祐介、大砂嵐の1vs3でやってやる」とまで言い出してみせた。


また青木は、選手たちへの「ONEに出て世界がどう変わったか」という質問を受けて「ONEに入っただけでは人生は変わらない。チャンスをつかむのは自分。人生は変えてもらうものではなく、自分で変えるものです」とシビアな正論も披露。


青木vs五味を見たいというチャトリCEOだが、一方で青木の日本大会での試合がタイトルマッチになる可能性もあるとコメント。またゲイリー・トノンも青木との対戦を希望しており、青木のカード、行動についてはファンも気になるところだろう。


さしあたり、青木は8月28日、新木場1st RINGでのDDTプロレスリング「DDT LIVE! マジ卍」で伊橋剛太と対戦することが決まっている。これも青木にとっては重要な一戦だ。

続きを見る