「天心、信じている!」「パッキャオも本気」ONE・チャトリCEO、格闘技界注目の発言連発!

(C)ONE Championship


アジア最大級の格闘技イベントとして注目されるONE Championshipが8月23日に都内ホテルで記者会見を行ない、来年2回の日本大会(3月31日の両国国技館および10月)開催をアナウンスした。またアジア各地での年間スケジュールも発表している。


選手も世界各国から集まった12名が登壇する豪華な記者会見となったが、チャトリCEOは記者陣との質疑応答で注目発言を連発している。

(C)Eliana Hiramatsu Lopes


その一つが、MMAレジェンド・桜庭和志について。チャトリCEOによれば、過去に桜庭にオファーしたとのこと。かつてPRIDEで行なわれた桜庭vsヘンゾ・グレイシーのリマッチを、2人が大ベテランになった今、組みたいようだ。「桜庭はQUINTETがあって忙しかったみたいですが」とチャトリCEO。しかし会見に出席したヘンゾも桜庭との対戦を望んでおり、もし実現すれば大きな話題になるのは間違いない。


またチャトリCEOは「ONEは格闘技の家。全部の格闘技を見せたい」というコメントも。実際、MMAだけでなくキックボクシングの試合も行なわれており、10月のタイ・バンコク大会ではボクシングの試合、それもWBC世界スーパーフライ級王者であるシーサケット・ソールンビサイの防衛戦をマッチメイクするという。マニー・パッキャオはONEの株主でもあり「これまでにも話をしています。本気です」と、ONEでパッキャオの試合を組むことにも取り組んでいるという。


会見では、那須川天心についての質問も。那須川はチャトリCEOがオーナーのメガジム・イヴォルブで練習したことがある。また那須川はイヴォルブがスポンサーとしてバックアップする選手でもあり、その関係は気になるところ。


「天心はRIZINとコントラクト(契約)があるから試合は組めない」と語ったチャトリCEOだが、それでも「天心のことは信じています。イヴォルブでの練習も見てビックリしました。必ず世界(トップの)チャンピオンになる」とエールを送っている。


ONE契約外、ライバル団体に参戦している那須川もバックアップし、エールを送る。こうした姿勢もチャトリCEOならではといったところか。彼が目指しているのはONEの成功だけでなく、アジアの格闘技マーケット、格闘技文化の成長だということだろう。

続きを見る