青木真也、DDTプロレス参戦で明かす野望「全て押さえ込みたい」

8月28日開催のDDTプロレス主催『マジ卍#15』。当日は王者・男色ディーノが初防衛戦を行うほか、総合格闘家の“バカサバイバー”青木真也が参戦。試合の様子は<AbemaTV>で生中継される。


現在プロレスへも活躍の場を広げている青木。なぜDDTへの参戦を決めたのか質問を投げかけると「ずっとIGFという団体でプロレスをやっていたんですけど、新しい場所を探していて、自分のやっていることが表に伝わる場所がDDTだった」と明かす。


DDTの強みについて「放送がある!」と言い切る青木は「要は試合をしてもその場所しか知らなかったら全く意味がないし、伝わりづらい。SNSで拡散してもたかが知れている」と、会場だけの試合には限界があると解説する。


「DDTの場合はその先に、会場の人数以上に放送があって見てる人間がいる。そこが1番のメリット」と語ると、AbemaTVでは格闘技も盛んに放送されていることを挙げて「AbemaTVの格闘技を見てくれる人もプロレスを見てくれる人も、全て押さえ込みたいんですよね」と野望を語った。

続きを見る