青木真也、DDTプロレス最初の標的を「なぜ、伊橋剛太にしたのか?」

8月28日開催のDDTプロレス主催『マジ卍#15』。当日は王者・男色ディーノが初防衛戦を行うほか、総合格闘家の“バカサバイバー”青木真也が参戦。試合の様子は<AbemaTV>で生中継される。


最初の標的を、なぜ伊橋剛太にしたのか? という質問に、青木は「1番、画になる。誰とやるよりも画になる」と、伊橋と戦うことがDDT参戦の“掴み”として有効なのだと明かす。


「体型もそうだし、今年で言うと1番話題になった選手だと思うので、どうせならそこを触りたいなと思った。あくまで僕のセンスというか嗅覚ですけど」と話す青木は「プロレスやめろ」と長州力をキレさせ一念発起して活躍し、現在話題をさらっている伊橋を“好餌”と捉えているようだ。


試合については「自分の『持っているもの』を取られないかで言うと、全部持っていかれる可能性もあるし、もっと言うと対戦相手の伊橋に対してだけじゃなくて、そのほか横から出てくるやつに全部取られる可能性もある」と推察した青木。


「リング上(の出来事)になってしまったら、全て“横取り”されても文句言えないじゃないですか」と、DDTによる“洗礼”に対する警戒感はMAXだった。

続きを見る