青木真也、「全く怖くない」「オレの足先すら触れない」HARASHIMA、KUDO、坂口征夫らを一蹴

8月28日開催のDDTプロレス主催『マジ卍#15』。当日は王者・男色ディーノが初防衛戦を行うほか、総合格闘家の“バカサバイバー”青木真也が参戦。試合の様子は<AbemaTV>で生中継される。


今回、DDTの伊橋剛太と対戦する青木だが、他に気になる選手はいないか? という質問に「俺、あんまりいないんだよね……」とつれない返答。


しかし「正直なこと言うと、困るのは俺じゃないですよ。DDTの選手が困りますよ」と不敵な発言をすると「自分たちのやっている取り組みが露呈されることになる可能性がある訳じゃないですか」と言い放った。


それでも、DDTのエースである男色ディーノや、踊るプロレスラー・平田一喜との対戦の可能性について聞かれると「彼らとやるのが僕は1番怖い」と告白する。


「“取られる”可能性がありますからね、全部」と、試合の勝ち負け以上に失うものがあるとして「1番リスクがあると思う」と警戒。


一方で、正統派のHARASHIMA、KUDO、坂口征夫らについては「全く怖くない」と一蹴。「ノーアクションでしょ、なんて言えばいいかな、おれの足先すら触れないですよ」と容赦なかった。

続きを見る