「逆にお前たち、日本が強いと思ってたんだな」 青木真也、ONEでの日本人選手敗退をバッサリ

7日、『青木真也が切る 日本最弱か...? ONEから見る日本MMAの現在地』(AbemaTV)が放送。

格闘技イベント「ONE Championship」 に挑む日本のトップファイターが敗戦を重ね「日本最弱」と囁かれる今、「ONE」で連勝を重ねている青木が要因を紐解いていった。


「正直ここまでボロボロになってる状況には『どうしちゃったの?』という感じはある」と語る青木は「運を引き寄せる力」「突発的なことが何か起こったときに、対応する力」を選手らが持っていないと分析。そして「この結果は妥当」と厳しく評価する。


また選手たちが今後、目先の勝利に執着するのでは? とも予想して「格闘技だけやったって強くなんねえよ」とバッサリ。「すべてのことを真剣にやって、すべてのことをコツコツやることによって、厚み・強さが増す」と、勝利に近道なしと言わんばかりに持論を展開。


「日本最弱」の声については「逆にお前たち、そんなに(日本が)強いと思ってたんだな」と、自身が2010年にギルバート・メレンデス相手に完敗した時点で「実質“陥落”だった」と自嘲的に振り返った。


そうして青木は、「ONE」における長谷川賢、上久保周哉、和田竜光、下石康太、徳留一樹といった選手らの敗戦を1つ1つ分析し、現在の日本格闘技界における問題点を指摘していった。

続きを見る