「もうオレ以外誰もおらん」皇治が武尊にこだわる理由

9月24日開催の『K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~初代クルーザー級王座決定トーナメント~』のスーパーファイトで、スタウロス・エグザコスティディスと対戦する皇治。試合の様子は<AbmeTV>で生中継される。


武尊との対戦にこだわる理由について「俺の上におる選手っていったら、今もうタケポン(武尊)しかおらんでしょ?」と皇治。


「実際、俺が1番人気あるし、話題性もある」と、すでに人気では“格上”だと主張すると「もう俺以外誰もおらんのですよ、タケポンとやる選手」と言い放った。


さらに「どれだけ“魅せられるか”がプロ」と語る皇治は「サッカーだって、本田選手より上手いヤツなんていっぱいおると思うんですよ。そやけどやっぱり魅せられるのは、みんな見るのは本田(圭佑)選手なわけで、俺らも一緒」と豪語。


「強い弱い、そんなの全員とやったら、タケポンだって世界中のヤツとやったらホンマに強いか? ってわからんですよ」と言いながらも「そこ(王座)にいることは事実」と、武尊と戦う意義を語った。


「アイツと戦りますよ」と、12月の大阪大会での相手は自分しかいないと言い切る皇治。スタウロス戦はファンを盛り上げることが目的だとして「それやったらしっかり闘おうかなと思っただけ」と事もなげに語った。

続きを見る