「負けた方がおしまい。K-1選手としていられない」芦澤竜誠、小澤海斗戦への決意

9月24日に開催の『K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~初代クルーザー級王座決定トーナメント~』スーパーファイトで、小澤海斗と対戦する芦澤竜誠。試合の様子は<AbemaTV>で生中継される。

試合前から「格闘家として終わらせる」といった発言をしていた芦澤だが、真意について問うと「ぶっちゃけこの試合、負けた方がおしまい」とキッパリ。


「負けた方が“いられない”ですよ、普通に考えて」と続けると「K-1選手としてもいられないし、プライベートの外も堂々と歩けなくなりますよ、お互い」と、プライドをかけた勝負への並々ならぬ思いを語った。


さらに「アイツ(小澤)はそんなこと思ってないと思いますけど、俺はそれくらい今回の試合リスクあると思ってるんで、俺だけかな」と、あくまで自分の方が試合の重要性を自覚してると主張する芦澤。


「ボランティアでやってるんじゃないし、俺ら金もらってるし、俺のファンのお客さんとか俺の仲間もチケット代払って来てくれるんで、そこは中途半端にやっちゃいけない」と、自身が持つ“プロ意識”についても熱弁を振るった。

続きを見る