「だから、K-1ってヤラセじゃねえの?って言われる」芦澤竜誠、試合後の“仲良しこよし”いらねえ

9月24日に開催の『K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~初代クルーザー級王座決定トーナメント~』スーパーファイトで、小澤海斗と対戦する芦澤竜誠。試合の様子は<AbemaTV>で生中継される。

今回の試合に不要なものはある? という質問に、芦澤は「仲良しこよしはいらねえ、終わったあとの」と即答する。


「終わった後って絶対に、どんなに喧嘩してた選手も、どんなに会見で言ってた選手も、抱き合ったりするじゃないですか。俺、それ絶対ないと思うんですよ」と、試合後の“ノーサイド”を全面否定した。


戦いが終わると和解する選手たちに、「ふざけんなって思いますよ」と怒りをにじませる芦澤。「ああいうのを見てるから『K-1ってヤラセなんじゃねえの?』ってみんなに言われちゃうんですよ」とチクリ。


小澤戦について「今回俺が倒してアイツ、俺のこと多分死ぬまで憎むと思いますよ」と予見する芦澤は「俺はそのくらいの覚悟を持ってるんで、俺もアイツのことを死ぬまで憎んでやろうと思ってるんで」と、揺るぎない決意を示す。


「戦い終わってあいさつする気もないし、『あっちいけ』みたいな感じですよ普通に」と続けて「つまんねえ判定だったら11月もう1回やりたい」と、“完全決着”へのこだわりを見せていた。

続きを見る