「潰してやろう、という気持ちで来て」那須川天心、ボクシングにガチで挑戦!

好評を博したAbemaTVのレギュラー番組「VS那須川天心」が、3ヵ月のインターバルを経て9月8日(土)から再始動。今や日本格闘技界で最も注目される存在となった那須川が、この2ndシーズンではボクシングに“ガチ”で挑戦。本格的なボクシング修行は初となる彼が、番組開始前の取材で意気込みを語ってくれた。


「今までずっとパンチの練習もやっていましたが、本格的にやるのは初めてですね。シューズとか道具を買うところから入りました(笑)」


そう言って笑う那須川。これまで、キックボクシングやMMAの試合でも類い希な打撃のセンスを見せつけてきたが、今までの練習とは違うのだろうか?


「全然違いますね。重心の置き方、足の運び方、パンチの伸ばし方など、いろんなところが。他のキックボクサーのパンチを見ていても、9割の選手はパンチをまっすぐ打てていないですからね。自分は比較的まっすぐ打てている方だとは思いますが、プロボクサーのパンチはまたレベルが違います。僕もこの練習を通じて、パンチの質を上げていきたいです」


これまでも元帝拳ジムの名ボクシング・トレーナー、葛西裕一氏の指導を受けている那須川だが、そこでも高い評価は受けているという。


「葛西さんはメチャクチャ誉めてくれるんですよ。『これなら世界獲れるよ』とか。そんな簡単じゃないと思うんですけど(笑)。自分でもボクシングの試合を見ていて、『このチャンピオンなら勝てるな』と思ったりすることもあるんですけど、団体や階級によっても違いますからね」 「VS那須川天心」2ndシーズンでは、国内のボクシングジムを皮切りに、海外の名門ジムでの修行も予定されているという。


「世界ランカーと手を合わせてみたりしたいですね。可能ならチャンピオンとも。それから、名門ジムのトレーナーのミットも受けてみたいです。それで、今の実力でどれだけ通用するのかが分かるじゃないですか。認めてもらえたらうれしいですよね」


だが、「日本から若いキックボクシング王者が来た」となれば、どんな歓迎の仕方を受けるか分からない部分もある。そこがまた武者修行の醍醐味でもあるが……。


「怖い部分もありますよね。『潰してやろう』という気持ちで来られることもあるかもとか思うんですけど、逆にそういう気持ちで来てもらった方がいいです。その方が、今のボクシングの本当の実力が分かると思うし、いろんな発見があっていいのかなと。ここで通用すると分かったら、いろんな道が開けると思いますし」


すでにRIZINのリングではMMAとキックの二刀流をこなし、立ち技の中でもヒジなしルールとヒジありルール、両方で衝撃的な勝ち方を披露している那須川。その彼がさらに追い求める「いろんな道」が、このボクシング修行で見えてきそうだ。さらに貪欲に、新たな技術を吸収しようとしている那須川の奮闘を見逃すな!

続きを見る